2ch浮気速報

2chまとめブログ 修羅場・浮気・離婚

殿堂入り・傑作選(アンテナ経由)

伝説の92

伝説の922

熱湯バット男

浮気がバレた女の末路(色々)

30近い女と40近い妻子あるおっさんがよくもまあ愛だの恋だののたまってさかりまくれるもんだわさ

婚約者M子

間男「お前は所詮2番目だ。お前の嫁も俺の下で悶えながら言ってたぜお前より全然良いってな」

20歳頃付き合ってた5歳年上の女がすごい生意気だった。俺が下手に出すぎたのか俺はペット状態。

裏切られた人にしか裏切られた気持ちはわからない

徹底的に間男学生を制裁。そして間男学生がオートバイの自爆事故を起こし半身不随。いい気味だ

開戦。ほぼ完璧な証拠も確保した。ビ.ッ.チ.及び糞野郎共どうしてくれようかwww

俺の部屋だけ建築基準ちがくね?

「スポンサーリンク」


org


788: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2015/10/08(木) 01:48:59 ID:Oz4


ふと、思い出し吐き出しをさせてもらう。
凄く長くなると思うけどダラダラと失礼。

私:当時20歳。介護職をしていてゲーセン大好き。
弟:2つ年下。昔から仲がよく遊びに行く時も一緒。
A:親友。当時20歳、6歳から幼馴染。家族仲があまり良くない。

私とAは保育所からずっと仲良しでよくお互いの兄弟含め、遊んだりしていた。
私が中学に上がるのと同時に家庭の事情で隣町に引っ越したりもしたけど、それでも連絡は取り合っていたし自転車1つで遊びに行ったりなんかもした。

私が仕事を初め、1ヶ月後には弟と2人でバイクの免許を取り弟含めAに会いに行ったり遊びにいく回数が増えたりした。
暫くするとAから「子供が出来た」と報告を受けた。
相手はパ チ ン コ店で働いてた同じ職場の男性で失恋した時に優しくしてくれ、その流れで付き合い、子供が授かり婚約するらしい。





1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

「スポンサーリンク」

2014/08/19
2017/08/14   【投稿者を着色し再掲載】
2019/08/24 再掲載

dokuo

530名前:恋人は名無しさん投稿日:2006/08/02 (水) 08:18:24

みんな修羅場くぐってんなぁw
俺も経験者だがちょっとばかりスゴイぜ・・・なんせコ.ロ.されかけたんだから。

話の流れとしては単純で、よくあるパターンだ。
俺は彼女の浮気を知って彼女の部屋にナ.グ.りこみをかけて。
そこには彼女とネ果でいちゃついてる浮気相手がいて、しかもそいつは妻子持ちで。
土下座させて、写真を撮って、俺は彼女に別れるって宣言して。
まぁ、ここまではよくある話なんだけど。



1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

「スポンサーリンク」

2016/08/16
2019/08/24 再掲載

2ch-uwaki


227 :名無しさん@おーぷん2015/06/02(火)21:46:05 ID:exv

改行とかおかしかったらすまぬ。お互い価値観合わなかった&元カノが屑に成り下がった件\(^o^)/


俺は手先が器用らしく、料理はもちろんのこと、マフラーを始めとした小物類作成の手芸も特技。保育園の時にマフラー作りをしてから、作ることが楽しくて。
手芸については今はボタン付けや服がほつれたら修繕するぐらい。たま~に姪っ子がキャラグッズを欲しがるらしく、義兄嫁にデザインや作り方を教える程度。教えるというかラフをスキャン→それをメールね。

いつか結婚したら妻と一緒にできたら良いなーって密かに夢見てるw
料理作りに面白を感じ、コックになるべくその道を進んだ。だが事故等があって辞める事に。
その後は第二の社会人生活をスタートさせ、その転職先で元カノと出会い交際スタート。
でね、男のくせに料理だなんて!手芸のデザイン等に使ってたノートを見て、手芸だなんて!とぶつくさ小言が多かった。日毎に増えた。

男なら稼がなきゃ!と焚き付けられるも同年代と比べたら稼いでる方。同じ会社なんだから、収入良い方だとわかるだろうよ。
別に迷惑かけてもないしちゃんと会ったりもしてる。ただ特技が気に入らんのか、それが女々しいと思うのか。

こちとら週に1度ジム通ってそこそこ鍛えてはいたものの、女顔のせいかパッと見で男らしさがあまり感じないらしかった。
じゃあもういいわ、もう別れようとバイバイ。

俺も料理してる度に隣で小言こぼされるのも正直いらっとしてたし。もうすぐ三十路の男に特技含めて女の子みたーいといつまでも茶化すのもガキっぽい。すっかり冷めてた。



1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

このページのトップヘ