2ch浮気速報

2chまとめブログ 修羅場・浮気・離婚

殿堂入り・傑作選(アンテナ経由)

伝説の92

伝説の922

熱湯バット男

ネ果の嫁がネ果の男の上で腰振ってた

浮気がバレた女の末路(色々)

【サレ夫】頭の中まっピンクにしてサ力リまくってれば嫌でも気がつくだろうっての【離婚】【長編】

婚約者M子

開戦

5歳年上の女がすごい生意気だった。俺が下手に出すぎたのか俺はペット状態。

【サレ夫】間男「お前は所詮2番目だ。お前の嫁も俺の下で悶えながら言ってたぜお前より全然良いってな」【再構築】

【サレ夫】裏切られた人にしか裏切られた気持ちはわからない【離婚】

【サレ夫】徹底的に間男学生を制裁。そして間男学生がオートバイの自爆事故を起こし半身不随。いい気味だ【離婚】

「スポンサーリンク」


org



219: 本当にあった怖い名無し 2010/12/06(月) 14:09:01 ID:RYPLf2MoO

学生時代に自分をいじめ抜いた女の夫と不倫して、家庭崩壊させた。

もちろん不倫したのは女への復讐だけが目的だったから、女の夫に惚れてたわけではない。
優しかったし、イ昔金までして私に貢いでくれて、そのおかげで女の家庭は不和になっただけじゃなく金もなくなったから都合良かったけど(笑)




1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

「スポンサーリンク」



org

その神経がわからん!その32


362 :名無しさん@おーぷん 2017/05/22(月)19:27:46 ID:Gox

彼女の過保護な母親にスレタイ。

先日、彼女の無神経な言動に腹を立ててケンカになり、玄関にチェーンをかけて彼女を部屋から締め出した。
10分ほど家の前で「開けて!開けて!」と叫んでいたが、やがて静かになったので家に帰ったのだろうと思っていた。
ところが、1時間ほど経ったころ彼女母が彼女を連れて押しかけてきた。


彼女母「娘の荷物を取らせてほしいので開けてください!」
(´・ω・`)「今は顔を合わせたくないので、必要な荷物は後日郵送します」

彼女母「どうしても直ぐに必要なんです!開けてください!」
(´・ω・`)「それじゃあ、窓からお渡しするんで何が必要か教えてください」

彼女母「私では何が必要か分からないので中に入れて見させてください!」
(´・ω・`)「意味が分からないのですが・・・」

彼女母「K察を呼びますよ!」
(´・ω・`)「必要な荷物は渡すと言ってるんですけれど、まぁ別に呼んでいただいてもかまいませんよ」

彼女母「30歳にもなってこんな陰湿な事して、いい加減にしなさい!」
(´・ω・`) (50歳過ぎて他人の家の前で訳の分からんことを大声で叫ぶとかいい加減にしてください)

(´・ω・`)「部屋の中に入れるつもりはないので、K察が来るか、必要な荷物が分かったら声をかけてください」
彼女母「開けて!開けなさい!娘、ヒモ持って来て!」




1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

「スポンサーリンク」

org

805: 困人 ◆S/LAy0DⅤgdym:2017/05/10 (水) 22:48:32.06 ID:BrTOo7Nk0.net

相談なのか、愚痴なのか聞いてください

●相談者テンプレ
・相談者の年齢職業 41 IT関連
・嫁の年齢職業   41
・婚姻期間 10
・子供の人数、年齢 0
・わかってるなら間男の年齢職業 41 不明
・過去の不倫の有無(夫婦共に)  無
・現時点で決別か再構築か方針は決まってるか たぶん再構築
・その他、経緯と状況説明


<状況説明>
・家で行ったことがないテーマパークのチケットの切れ端を発見した。
友達に相談したところ「浮気じゃね?、ラインで探りいれたるで」とのこと
妻の回答は「夫(つまり、俺)と行った」と嘘をつく
・たまに、遅く帰る(22時ごろ。友達と話してた)
・家事をしっかりするようになった。
・レスがなくなった
・カードの使用用途に口出しがなくなった

<その他>
たぶん、援助されている。
そう思う要因は、たまたま見たメールに
いつもお金を貰うのは嫌だ、というような妻からのメールがあったこと
以前は細かく家計簿を付けていたのだが、今、確かめたらスカスカの家計簿だから

<望むこと>
間男には
慰謝料を最大限払わせること
あと仕事も辞めてもらう事

妻には間男には会わないこと
慰謝料を最大限払わせること
今まで通り家事をすること
パートに出て、収入を家に入れること

あと、友人が浮気調査に協力するから謝礼くれと言うのをやめさせたい





1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

このページのトップヘ