2ch浮気速報

2chまとめブログ 修羅場・浮気・離婚

殿堂入り・傑作選(アンテナ経由)

伝説の92

伝説の922

【サレ夫】熱湯バット男【離婚】

【サレ夫】ネ果の嫁がネ果の男の上で腰振ってた。で、動かなかったもんだから、男そのまま中田氏。嫁の親戚の奴で、前に嫁方の法事で会ってた。【離婚】【長編】

浮気がバレた女の末路(色々)

【サレ夫】頭の中まっピンクにしてサ力リまくってれば嫌でも気がつくだろうっての【離婚】【長編】

【サレ男】婚約者M子【破談】

【サレ夫】間男「お前は所詮2番目だ。お前の嫁も俺の下で悶えながら言ってたぜお前より全然良いってな」【再構築】

【サレ男】20歳頃付き合ってた5歳年上の女がすごい生意気だった。俺が下手に出すぎたのか俺はペット状態。【別れ】

【サレ夫】裏切られた人にしか裏切られた気持ちはわからない【離婚】

【サレ夫】徹底的に間男学生を制裁。そして間男学生がオートバイの自爆事故を起こし半身不随。いい気味だ【離婚】

【サレ夫】 開戦 【離婚】【長編】

「スポンサーリンク」

2015/06/17
2016/07/23【投稿者を着色し再掲載】
2018/08/12 再掲載

dokuo

534: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2015/05/07(木) 13:45:43 ID:c8L

GW最終日に嫁の浮気発覚でズンドコさー
人生初めてってぐらいズンドコさー

535: 534 投稿日:2015/05/07(木) 13:56:10 ID:c8L

誰もいないうちに吐き出させて下さい
され夫45 した嫁37
女の子5才3才
一緒になって10周年記念したばかり



ここんとこ、やたらと遅い時間までメールしてるし、
メーラーのロック変えてるしで怪しいと思って、
モヤモヤしてるの嫌だから、直球で勝負に出た
バッチリジャストミートだって。

すっげー大事にしてたつもりだったけどダメなんだね。
浮気は心のサ.ツ.人とはよく言ったもんだ





1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

「スポンサーリンク」

2015
2016/01/16【投稿者を着色し再掲載】
2018/08/12 再掲載

dokuo
523: 名無し 投稿日:2009/09/02 (水) 06:31:15

元嫁が間と一緒になりたいから別れてくれと言うので
その日に用紙取ってきて記入して仲人さんに保証人欄に記入して貰って元嫁に渡してやった。

524: 名無し 投稿日:2009/09/02 (水) 06:34:39

元嫁、かなりガクブル状態になってた。
俺がすんなり別れようとしたからなんだろうな。
元嫁の中では必タヒに引き留める俺を想像してたんだろう。
「間と幸せになってね」と一言だけ言ってさっさと家から追い出した。






1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

「スポンサーリンク」


org




559: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/28 (日) 10:10:56.09

復讐したい人の書き込みもこちらで良いのだろうか?


560: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/28 (日) 10:17:49.87

良いと思うが鳥は付けなよ。コテは後でもいいからな。
後相談して決心ついたら実行しなよ。
でもでもだってはどこ行っても嫌われる。


578: 金持ち嫌い ◆2gMkPf6Hb5A0 2016/09/06 (火) 10:38:46.09

>>559です。
絶対に元嫁と間を許せない。

・報告者の年齢職業 36 コンサル
・嫁の年齢職業 35 専業、今は不明
・婚姻期間 12年
・子供の人数、年齢 中2、小4女子
・わかってるなら間男の年齢職業 34コンサル
・過去の不倫の有無(夫婦共に) なし
・現時点で決別の決意にゆるぎはないか、それともまだ再構築の可能性も残るのか 既に離婚済み
・その他、経緯と状況説明

フェイクありますが、概ねあったことです。
2年前に元妻の浮気で離婚しました。
間は私と大学の同級生で、8年前にとあるコンサル会社を立ち上げ、私を引き抜きました。
幸い経営は軌道に乗り、私にも部下と呼べる仲間がどんどん増えました。
そして、レクリエーションの一環として家族同伴でバーベキューをしたのが間と元妻の出会いでした。
その時には間は奥さんがいましたが、その2年後に病気でなくなりました。
奥さんをなくして憔悴する間を助けようと奮戦したつもりでした。震災もあり、勿論部下、ひいては会社のためにと。
その間にその頃から元妻の態度がよそよそしくなって来たのが気になっていました。





1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

このページのトップヘ