2ch浮気速報

2chまとめブログ 修羅場・浮気・離婚

3/21 「殿堂入り・傑作選」のリンク切れを修正しました。

殿堂入り・傑作選(アンテナ経由)

伝説の92

伝説の922

【サレ夫】熱湯バット男【離婚】

【サレ夫】ネ果の嫁がネ果の男の上で腰振ってた。で、動かなかったもんだから、男そのまま中田氏。嫁の親戚の奴で、前に嫁方の法事で会ってた。【離婚】【長編】

浮気がバレた女の末路(色々)

【サレ夫】頭の中まっピンクにしてサ力リまくってれば嫌でも気がつくだろうっての【離婚】【長編】

【サレ男】婚約者M子【破談】

【サレ夫】間男「お前は所詮2番目だ。お前の嫁も俺の下で悶えながら言ってたぜお前より全然良いってな」【再構築】

【サレ男】20歳頃付き合ってた5歳年上の女がすごい生意気だった。俺が下手に出すぎたのか俺はペット状態。【別れ】

【サレ夫】裏切られた人にしか裏切られた気持ちはわからない【離婚】

【サレ夫】徹底的に間男学生を制裁。そして間男学生がオートバイの自爆事故を起こし半身不随。いい気味だ【離婚】

【サレ夫】 開戦 【離婚】【長編】

2016年10月

「スポンサーリンク」

org


341: 1/4: 2013/10/15 (火) 23:29:51.32 0

何年か前の修羅場
当時の肩書で行くと

私子 …… A高校教諭
彼男 …… A高校教諭
私両親 …… 元・小学校管理職(父)、中学校管理職(母)
彼男の浮気相手 …… A高校教諭
ヲチャ …… A高校古株の先生方
私生徒♀(タエコちゃん・仮) …… A高校3年私組

配属先の新任が二人で、私と彼男は初任者研修のレポートなども助け合ってこなしたり
プリントや板書の工夫だとかお互いで勉強してくなかで仲良くなった
仕事に慣れてきてお昼休みの余裕あるときに二人でランチ行ったり
部活のない土日とかに大きい図書館へ資料探しに行ったりした
2年目にちゃんと付き合うことになったけどまだ清い交際だった

私にそういう欲がわいてこなかったのと、彼男が「お父さんお母さんに挨拶して
きちんと結婚を前提にした交際を許可してもらってからにしよう」と言ったから
そういうものかと思っていた


2人とも担任を持ったから忙しくもなったし、初任のころのように職員室で一緒に
いる時間は無くなったけど、
その分は土日にどっちかのアパートで一緒にいた。担当クラスの話とか部活のこと
授業のアプローチとか、彼男と話すと自分では気づかなかった新しい見方を発見したり
的確なアドバイスをもらえてとてもためになった。

彼男も「私子が土日に作ってくれる料理で1週間生きられてる」「アイロンも掃除も
ほんとありがと」と笑ってくれてた


1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

「スポンサーリンク」


org

238: 恋人は名無しさん 2006/05/14 (日) 12:11:14

俺も浮気した彼女に
「お前がどんなに変わっても、疑い続ける。タヒぬまで忘れない。」
みたいなこと言った事ある。

242: kwsk 2006/05/14 (日) 12:40:40

kwsk

267: 恋人は名無しさん 2006/05/14 (日) 18:32:55

>>238だけど、
期待してたらスマソ。
別れる際に全く修羅場はなかった。
浮気相手と至って普通に話し合って
終わりまつた。


1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

「スポンサーリンク」



org




847: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2011/01/14 (月) 02:03:50

誰もいない隙に当時の鬱憤を書き込むリアル○○の俺が書き込みますよ。
書き込むの初めて。まぁ読み物として読んで?
当時の会話は脳内補完しながら書くけどいいかな?

当時 
俺 28歳。税理士補
元嫁 31歳。OL・・・・・・・子無し
間男 35歳。元嫁の同僚
間嫁 忘れたが俺より年上・・・子2人

金曜。
仕事終わり携帯に友人から「これお前の嫁じゃね?」と写メール。
はいその通り。



友人に急遽会う。
関わった以上手伝ってと頼む。

土曜。
司法関係よく分からんが弁護士事務所に勤める司法書士の友人にも
協力要請。
日曜。
田舎の親友×6を呼び出す。
月曜から尾行開始。
6人が。

6人 「可愛いなお前の嫁」
俺 「全部終わったらお前の店にやるわ。今のうちにやる順番決めとけ」
写メをくれた友人ビビル。6人の中に1人本物(金融)がいたから。

4人は同じ会社(4人で事業始めたらしい。仲間内で一番金を掴んでいる)残り1人がソ○プの店長(結果としてこいつの店に元嫁入店)




1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

このページのトップヘ