2ch浮気速報

2chまとめブログ 修羅場・浮気・離婚

殿堂入り・傑作選(アンテナ経由)

伝説の92

伝説の922

熱湯バット男

浮気がバレた女の末路(色々)

30近い女と40近い妻子あるおっさんがよくもまあ愛だの恋だののたまってさかりまくれるもんだわさ

婚約者M子

間男「お前は所詮2番目だ。お前の嫁も俺の下で悶えながら言ってたぜお前より全然良いってな」

20歳頃付き合ってた5歳年上の女がすごい生意気だった。俺が下手に出すぎたのか俺はペット状態。

裏切られた人にしか裏切られた気持ちはわからない

徹底的に間男学生を制裁。そして間男学生がオートバイの自爆事故を起こし半身不随。いい気味だ

開戦。ほぼ完璧な証拠も確保した。ビ.ッ.チ.及び糞野郎共どうしてくれようかwww

俺の部屋だけ建築基準ちがくね?

2017年01月

「スポンサーリンク」


org



391: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2007/07/21 (土) 19:23:53

ちょっと聞いていただけますか?
結婚して丸3年になろうとしてます。

結婚当初から寝室が別で妻曰く自分のイビキと歯軋りがうるさく
眠れないからとのこと…。そこからコトあるごとに夫婦間の話し合いや
決め事なんかも自分の考えを否定され、
挙句の果てには自分の考え方が足りない言い草。

それでも引かない時は向こうの両親が出てくる始末…。

1年ほど前から家には居場所を感じなくなり
自分の部屋でゲームをして時間をつぶす毎日でした。


そんな時職場で知り合った女性にメールや電話で愚痴を聞いて貰っていたんですが
そのうちお互い惹かれていったのですが、自分が既婚者と言うこともあり
二人で出かけたりすることもなくメールと電話でのコミュニケーションが
主でした。

そして先月覚悟を決めて離婚の話を切り出しました。妻のいやな部分を全て伝え
他に好きな人がいることも伝えました。妻は突然のことに驚いていたようで
別れたくないの一点張りでした。

そのうち向こうの両親が出てきて
父親曰く「別れたら会社へ話し付けに行く」「慰謝料が払えないなら臓器でも
売って来い」「(自分の)母親にも社会的制裁を与える」「自分の兄貴の職場にも話しに行く」
など脅ハ.クまがなことを散々言われ、周りへの被害の拡大を恐れるあまり
その女性とは縁を切り、元の生活に戻っています。 

ただ一度気持ちが離れた以上、このまま生活して行くコトや
どうして妻はそこまで覚悟した自分と一緒にいるのか考えると
どこかへ逃げ出したい気分です。

長文すいませんでした、誰かに話を聞いてもらいたくて書き込みしました。


1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

「スポンサーリンク」

org



499: ◆0MmuszuS1A 2006/09/24 (日) 05:11:02

そんなに激しい修羅場ではないのですが、誰もいないようですし繋ぎ用に投下します。

登場人物
私→A子
彼氏→B男
彼氏の彼女→C子

私とB男は友達が主催した食欠み会で知り合いました。
そこで私達はすっかり意気投合し、一緒に遊んだり一人暮しのB男の家に泊まりに行ったりするようになりました。
私はすぐにB男のことが好きになってしまったのですが、
B男の友達は「あいつは彼女がいるからやめておいた方がいい」と私に言うのです。
まさか・・と思いB男に問い質してみましたが、
B男は彼女はいないとはっきり言ってくれました。
少々釈然としないながらも、きっとその友達が知らないうちに別れたんだな、
なによりB男本人ががそう言ってるんだし、と納得し、そのまま関係を深めていきました。
そしてそのことはすぐにすっかり忘れてしまいました。

三ヶ月ほど経ったある日のことです。
私は自分の部屋にいたのですが、夜中の一時ごろに携帯がなりました。
B男からでした。
その日は「用事があるからどうしても会えない」と言われていたので
なにか緊急の用事かな?と少し不安になりながら電話に出ました。
聞こえてきたのは若い女の声でした。


1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

「スポンサーリンク」



org



647: 名無しさんといつまでも一緒: 2013/10/05 (土) 01:16:57.19 I

旦那が浮気三昧
毎日が虚しくてさみしい時、学生時代お互い好きだったけど
付き合う所までいかなかった既彼と再会

あっと言う間に不倫関係に
付き合ううちに既彼にどんどん本気になってしまい
会えば嬉しい半面辛くて…
再会した時に彼の奥が妊娠したばかりとは聞いてたのに
付き合ってる間は現実見ないふりしてた




1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

このページのトップヘ