2ch浮気速報

2chまとめブログ 修羅場・浮気・離婚

殿堂入り・傑作選(アンテナ経由)

伝説の92

伝説の922

【サレ夫】熱湯バット男【離婚】

【サレ夫】ネ果の嫁がネ果の男の上で腰振ってた。で、動かなかったもんだから、男そのまま中田氏。嫁の親戚の奴で、前に嫁方の法事で会ってた。【離婚】【長編】

浮気がバレた女の末路(色々)

【サレ夫】頭の中まっピンクにしてサ力リまくってれば嫌でも気がつくだろうっての【離婚】【長編】

【サレ男】婚約者M子【破談】

【サレ夫】間男「お前は所詮2番目だ。お前の嫁も俺の下で悶えながら言ってたぜお前より全然良いってな」【再構築】

【サレ男】20歳頃付き合ってた5歳年上の女がすごい生意気だった。俺が下手に出すぎたのか俺はペット状態。【別れ】

【サレ夫】裏切られた人にしか裏切られた気持ちはわからない【離婚】

【サレ夫】徹底的に間男学生を制裁。そして間男学生がオートバイの自爆事故を起こし半身不随。いい気味だ【離婚】

【サレ夫】 開戦 【離婚】【長編】

2018年03月

「スポンサーリンク」

org


148: 守りたいスイッチ ◆JWeDe9Cqao 2011/02/18 (金) 16:41:27

昨日とれたてホヤホヤ、気持ち悪いロミオメール
せっせとまとめたので、流れを読まず投下させていただきます。

まずは、昨日友人を通して転送されてきたロミメール

件名:大丈夫か?
○ ○(私です)久しぶり。元気・・・じゃないよね。ごめん。
僕のことを思いだすのはつらいかもしれないけど聞いて欲しい。
このあいだ○○と子供が二人でいる所を偶然みかけたよ。
あのころとかわらない○○。でもどうしてだろう?子供がいる女性はキラキラ輝いているはずなのに○○は僕が別れを告げた時とおなじ悲しそうな顔をしていた。
そう思って声をかけようかと迷っている所にふと耳に入ってきた父親がいないという事実。
僕は衝撃だった。なぜか僕は二人愛し合ってた頃にみるみる引き戻された。
あの子は僕の子じゃない。悲しいけどそれは分かっている。
でも愛していた○○の子。それだけで僕は全てを愛せると思う。○○は今大変だろう?僕にはちゃんと見えてる。
大丈夫か?と聞いても、大丈夫だよと作り笑顔で答え心で泣く○○の姿が。
できるなら僕は○○のこれからの支えになりたい。
これからはもう強がらなくていい。何も考えず僕の腕にもたれてくればいい。
過去のことはお互い許しあえばいい。僕はすべてを水に流すよ。
遠慮しないで連絡して欲しい。待ってるよ。
連絡先XXX-XXXX-XXXX メルアドXXXXXXX
ロミ山 ロミ夫より


ミレニアム早々結婚を約束していた彼氏(ロミメール送り主)にふられた。
原因は彼の心変わり。職場の既婚女性に旦那の悩みを相談されているうちに、、、
というベタベタなもの。
別れ際の台詞は、「○○(私)のことは変わらず好きだ。
でも、彼女の事を守らなければいけない。わかってくれ!」だった。
わかんねえよ!と思いつつも泣く泣く別れを承諾し、時間が解決してくれるのを待った。




1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

「スポンサーリンク」


org



498: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2015/05/04(月) 21:17:05 ID:N0E

愚痴です。
元カノが無神経な気がしてもやもやしている。

俺と元カノは、元々は同じ会社の同期で、今はどちらも転職している。
恋人同士だったのは1年間程。
どちらかに原因(浮気とか)があって別れたわけではない。
当時の同期10名程が仲良くて、たまに飲んだりするので、
元カノとは今でもたまに会う。
どちらももう恋愛感情はない(少なくとも俺は皆無)




1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

「スポンサーリンク」


org



397: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/06/29(水) 14:14:44 ID:63k

年の離れた姉が子供ができないからと病院に行った
そこで不妊の原因が姉にあることがわかった
母親がそれを聞いて心配になったらしく
私が将来結婚したときに困らないように
「お前も調べてらっしゃい」と
未婚なのにブライダルチェックなるものを受けさせられた

結果から言えば、性染色体の異常が見つかって
女でもあり男でもありみたいな感じだって言われた
ついでに他の病気も見つかって、しかも私じゃなくて
子供ができたら性別によってはその子が発症するかもしれないって
でも「妊娠は難しいですねぇ」って言われたから
遺伝は心配しなくていいみたい(゜∀゜)


1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

このページのトップヘ