【通知】2021年7月25日(日) 10時にサイトを引っ越しました。不具合情報はここをクリック
スポンサーリンク

子供のためにも考えてほしいとお願いしたのですが、子供は手術しろと掃き捨て、振り切って出て行ってしまいました

サレ妻
この記事は約4分で読めます。



953: 離婚さんいらっしゃい: 2011/08/19 (土) 03:21:51


私は復讐しました。

浮気が元で息子を妊娠中に出ていってしまいました。
臨月に社宅に一人残され中毒症による早産、息子も低体重で産まれてきました。

浮気された背景には私にも否はあったと思います、私はお腹が大きいときに寒空の夜、地べたに土下座をして、私の悪いところは謝り直すから、子供のためにも考えてほしいとお願いしたのですが、子供は手術しろと掃き捨て、振り切って出て行ってしまいました

出産までのストレスと慣れない育児に疲れ果て、離婚届けに自署捺印してしまいました。
もちろん後悔先に立たず、慰謝料も養育費も出してくれませんでした。


悪あがきと言われればそれまでですが、私の復讐は元旦のもっとも嫌がること、会社を辞めさせました。
不正行為を上司に告げました。表向きは自己都合ですが、
事実上解雇です。

もちろん私の周りは止めました。
このサイトに数多く書かれているように、因果応報、人を不幸にした人間は幸せになんかなれない、罰が当たる等々…同じことを言われました。
何より(まだ三歳の)息子に母親のそういう空気は感じさせてしまうだろう。
それが一番良くない、幸せになることが最大の仕返しなんだから、と。

私ももちろんこんなことして何になる、虚しいだけ、醜いだけ、復讐という
発想をしてしまう自分を呪って責めてしまう反面、でも何かしてやりたい、 どんな汚い人間になっても構わないという葛藤の繰り返しの日々でした。
こんなこと考えて実際やってしまう人間なんて私だけだと思ってました(笑)。
もっと早くこのサイトを見ていれば…でも見ていてもやっていたと思います。

今日は久しぶりに(いい意味で)ちょっと救われました。
やったからこそ後悔するし、やってなくても後悔していたと思う。
一度こういう事態まで至ってしまうとなかなか挽回は難しいですね。
何かの拍子に苦しかったときのことを思い出して胸が締め付けられることはトラウマとしてこれからも続くと思います。

復讐したことをいいことだったと思ってはいません、これによって私も
何らかマイナスの跳ね返りを被っているはずなので、それは当然の報いとして受け入れてこれから前向きに私と息子の生活や人生を過ごしていこうと思います。

スポンサーリンク
954: 離婚さんいらっしゃい: 2011/08/19 (土) 04:13:52

というか、もう自分責めなくていいんじゃない?終わりにすれば?
社宅があったってことはそれなりの大手だったと思う。
妻に子供をおろせ言える人非人には、本人にとっては会社首になるくらいたいしたことじゃないけどね。
もっとずうずうしいのは居座ってるからw。

男とはいえ、大人の会社の退職やら再就職やらより、子供は生まれながらにして母子家庭で育つんだから。
どっちが重いって?子供の人生でしょうが?
母親が後ろ向きだと、子も後ろ向き。そんな元旦那なんていい加減葬りさりなよ。
今頃再就職して普通に生活してるよ(どうせ前職より給与低いけどね
いい悪いも何も、もう終わったこと。
本当に母親が太陽でないと子もそうなる。
過去は過去。引きずりすぎ。元旦なんて今頃再婚して笑ってるよ。
前を向きなよ。

私は復讐も何も自分から捨てた元旦なんて知らない。自分で思い悩むって図星未練あるんのと違う?
前向いて生きないと、子供がそう育つよ。しっかりしなよ。

955: 離婚さんいらっしゃい: 2011/08/19 (土) 04:22:13

↑ついでにだけど
息子の命と引き換えになら私の命はいらない親ってそういうもの。
会社など屁にも及ばない。
何十回でも辞めてやるよ。子の命に比べたら何と軽いことか。
命と引き換えても守る。自分の行為を振り返るのは結構、で自分を美化し過ぎ。
息子さんが可哀想だよ。後悔する=子供を降ろすに胴衣ってことだからね。

957: 953です: 2011/08/19 (土) 11:09:15

レスありがとうございました。
子供が本当に救いです、宝です。産んでよかった。
がんばって産まれてきてがんばって育ってくれています。
子供に生かされている思いです。

誰でも復讐なんてしたくないはずです。
やっぱり復讐なんてするものではありません。
傷ついた思いも埋められないし時間も帰ってきません。
未練というか、元旦には残念でなりません。
せめて父親として最低限の責任は果たしてほしかったです。
これって未練ですか?(笑)。

でも子供の父親である元旦に復讐したのも事実。
間接的に子供を傷つけたのかもしれません。
それも含め、私は私でこれから子供に恥じないように親としてしっかり前を向いて地に足つけてやっていきます。
ありがとうございました。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました