【通知】2021年7月25日(日) 10時にサイトを引っ越しました。不具合情報はここをクリック
スポンサーリンク

彼は5歳年下の私からお金を借りるようになった。10万ほど貸したところで私は我に返った。A男と別れなくちゃ、人生が破綻する。

サレ女
この記事は約4分で読めます。




433: 恋人は名無しさん 2010/03/24(水) 19:46:39 ID:aNXZO77LO


長くなるかもスマン。

私…当時大学2年生
A男…私が当時付き合ってた彼氏、5歳年上
B美…A男の元カノ

ほとんど恋愛経験のなかった私は、年上のA男にリードされるように付き合い始めた。

付き合って5日目、メールを打つA男に話しかけた時、内容が見えた。
『デート楽しみだね。早くB美に会いたいよ。』
私が問い詰めると、B美は元カノだという。


遊びに行く約束を私と付き合う前からしていたから断り切れない、と半泣きで語ったA男を信じた馬鹿な私は、今回だけ遊びに行くのを許した。
 
 

スポンサーリンク
434: 恋人は名無しさん 2010/03/24(水) 19:49:25 ID:aNXZO77LO

しかし、その後もB美からのメールは途絶えることがなかった。
『おはよう』から始まり、『おやすみ』まで、A男とB美は一日中メールしていた。
一方でA男は私との付き合いも続けていた。

そのうちA男は年下学生の私にお金を借りるようになった。
バイト代や貯金から10万ほど貸したところで私は我に返った。
A男と別れなくちゃ、人生が破綻する。

普通にお金を返してもらって別れたらよかったのだけれど、私はなぜかB美に連絡をとってみたくなった。
A男の携帯からB美のデータをコピーし、B美に連絡をとった。

435: 恋人は名無しさん 2010/03/24(水) 19:50:38 ID:aNXZO77LO

私「B美さんですか? 私、A男の彼女の私子といいます」
B美「………」
私「あ、やっぱりご存知ないですよねスイマセン」
B美「聞いてませんけど…本当に彼女?」
私「証拠もあります」
B美「一回会いましょう」

B美に会ってみると、優しい年上のお姉さんだった。
ファミレスでA男が送ってきたメールや、プリクラ、名前入りペアリング(もちろんお金は私持ち)を見せたら、自分の話もしてくれた。

・A男とは大学時代からの友人で、1年前くらいから遠距離で付き合っている。
・私子がいたことは知らなかった。
・最近A男からのメールレスが遅くなっていたからおかしいとは思っていた。

皆さんお察しだと思いますが、元カノではなく二股でした。
しかも、知らなかったとはいえ、私が横恋慕した形です。

437: 恋人は名無しさん 2010/03/24(水) 19:52:15 ID:xiF49Mag0

復讐の予感

438: 恋人は名無しさん 2010/03/24(水) 19:52:36 ID:aNXZO77LO

話ついでに、私はお金を貸していることを話しました。
するとB美の表情がさっと変わり、いつ、いくら貸したのか問い詰めてきました。
覚えている限りで話すと、おもむろに手帳を取り出してチェック。そしてため息の後、
B美「私子ちゃん、言いにくいんだけど…それ、私とのデートに使われたみたいよ」
私絶句ww

B美はA男に激怒し、私に謝ってくれました。
謝罪しあい、意気投合した女二人はA男をこらしめて別れることに。

まずお金の回収を提案されました。
A男の気が大きくなる給料日後に、私が「お財布落とした」と泣き付く。
「手持ちなくなったから貸して」「通帳止めたから貸して」で地道に5万ほど回収。

残りは後で回収することにして、次に三人で会うように仕向ける。
お金がなくケチで割り勘が常のA男は、B美の「ご飯おごるから外で食べよう」にホイホイ出てきました。

439: 恋人は名無しさん 2010/03/24(水) 19:53:41 ID:aNXZO77LO

B美が待ち合わせたのは、高級レストラン。
ドレスアップしたB美と、ジーンズにただのロンTの場違いなA男が入っていきました。
私もドレスアップして待機。
二人が席についたところで「お待たせしましたー」と登場しました。A男ぽかーん( ゜Д゜)

B美「紹介するね。こちら友達の私子ちゃん」
A男「え…ちょ、なんで…」
私「今日は三人で会えて嬉しいな」
B美「そうねウフフ」

予約してあったコース料理がスタート。
私とB美はそれぞれのA男との思い出を語り、異様な空間にA男涙目ww

443: 恋人は名無しさん 2010/03/24(水) 19:57:26 ID:1cEhApYjP

まさに最期の晩餐wwww

コメント

タイトルとURLをコピーしました