【通知】2021年7月25日(日) 10時にサイトを引っ越しました。不具合情報はここをクリック
スポンサーリンク

【修羅場】旦那宛に女から年賀状が届いていた。 文面は「昨年は色々とお世話になりました。○○に一緒に行ってくれてありがとう」【怖】

サレ妻
この記事は約4分で読めます。

91: 86: 01/09/08 03:02


ではでは。

今年の始め、お正月の事です。
私は去年結婚したばかりで、旦那と迎える初めてのお正月でした。
お正月といえば年賀状。

私は旦那の分と自分の分の年賀状を分けておりました。
旦那の方は仕事関係の方からの年賀状が結構あり、私は大して気にも止めずに
機械的に分けていました。

分け終わって、自分の年賀状に一通り目を通した後、旦那に来た年賀状を
旦那と2人して見ていました。


92: 86: 01/09/08 03:08

すると、旦那が「誰だ?これ。」と1通の年賀状を私に差し出します。
見ると、差出人は知らない女性でした。

文面は
「昨年は色々とお世話になりました。○○に一緒に行ってくれてありがとう。
とっても楽しかったです。今年もAさん(←旦那)と一緒に楽しい年に
できたらウレシイです」
というような内容でした。

私は旦那に
「だれよ、これ」
と聞きましたが、旦那は
「だから、知らない人だって。」
と言います。

宛名は確かに旦那の名前。
でも、住所は旦那が結婚前に一人で住んでいた時の住所でした。

スポンサーリンク
93: 86: 01/09/08 03:14


結局誰なのかわからないまま、うやむやになってしまいました。

そしてそんな事をすっかり忘れた夏。
その女性から暑中お見舞いが届きました。
文面は

暑中お見舞い申し上げます。
毎日暑いですが、お元気ですか?
7月からずっとお会いしてないので、ちょっと寂しいです・・・。
お暇があれば、一緒に旅行にでも行きませんか?
(原文ママ)

という内容でした。
私は訳が分からなくなり、仕事から帰った旦那に
「この人、誰なの?年賀状も来てたよね?」
と尋ねました。

旦那は本当に知らない人だと言い、私には訳が分かりませんでした。

94: 恋人は名無しさん: 01/09/08 03:16

わぁ~~~~~~なんか訳わかる・・・・・(汗)

95: 86: 01/09/08 03:23

旦那に嘘を付かれてるのかもしれない・・・
私はこの事が頭から離れず、悶々とした毎日を送っていました。

そんなある日。
旦那が帰宅するちょっと前に電話が鳴りました。

私「もしもし」
B「あの・・・Bと申しますが・・・Aさんいらっしゃいますでしょうか・・・」
私「まだ帰っていませんが、どういう御関係の方ですか?」

Bという名前が葉書の女性と同じ名前だった為、もしかしたらこの人が
葉書の人かもしれない、と思いました。

B「あ・・・御家族の方ですか?」
私「そうですけど・・・」
B「あ、妹さんですか??」

私はここでカチンときて

「妻ですけど、どのような御用件でしょうか?」

と聞きました。

96: 86: 01/09/08 03:29

「妻」という言葉を聞いて、相手は明らかに動揺していました。

B「あのっ・・・私、Bさんとお付き合いしてるんです!
奥さんがいるなんて聞いてません!!」

なぜか私に対してBは攻撃を開始しました。
私もさすがに頭に来て

「聞いてないって言われても、私はAの妻です!
失礼ですが、年賀状と暑中見舞い、お送りいただいたのはあなたですか?」

と言いました。
Bはその通りだと言い、とにかく奥さんがいるなんて聞いてない、
私と彼は付き合っているんだ、奥さんがいるなんて困ると、かなり取り乱して
話ができる状態じゃありませんでした。

なんと言われても、私にはどうしようもありません。
最後に彼女は

「今からそこに行きます!」

と言い残して電話を切ってしまいました。

97:  : 01/09/08 03:30

おおっケンカ上等ですなっ!

98: 恋人は名無しさん: 01/09/08 03:32

きたきたっ

100: 86: 01/09/08 03:37


電話を切られて15分もしないうちに旦那が帰ってきました。
私は電話の事を旦那に話し、どういう事か聞きました。
すると旦那は

「本当に知らない人だ。」

と言い張ります。


私はやり場の無い怒りに涙が出てきました。
彼女がここに来れば全てが明らかになると思い、彼女が来るのを待ちましたが
結局その日、彼女が家に来る事はありませんでした。

次の日。
早めに帰宅した旦那と気まずい雰囲気の中、また彼女から電話がかかってきました。
彼女は

「私のAさんをどこに隠したのよ!!Aさん出しなさいよ!」

と電話口でわめいていました。
疲れきっていた私は、旦那に「彼女から」と受話器を渡しました。

スポンサーリンク
103: 86: 01/09/08 03:43

旦那は電話に出て

「どちらのBさんですか?」
「僕はあなたを知りません」

と、最初は丁寧な言葉使いで話をしていました。
が、だんだん話が通じない事にイライラしたのか、

「来たければ来ればいい!」
「ここに来られても俺は一向に困らん!」

と語気が荒くなってきました。


あれよあれよという間に旦那は家の住所を相手に教えてしまいました。
旦那の話を聞くと、Bは昨日、葉書に書いた住所に行ったが、誰も
住んでいなかった、他に女ができたから逃げたんでしょう?とわめいて
いたと言います。

相手をうちにまで呼ぶという事は、本当に知らない人なんだと思いました。
じゃあ、Bって一体誰なんだろう?と旦那と2人で話し合っていました。

105:  : 01/09/08 03:45

ストカーか?脳内恋人か? どきどき~!

107: 恋人は名無しさん: 01/09/08 03:50

こわー・・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました