【通知】2021年7月25日(日) 10時にサイトを引っ越しました。不具合情報はここをクリック
スポンサーリンク

前妻の間男の娘と結婚した。慰謝料頂いた上に可愛い娘さんまで頂いてさーせんww

サレ夫
この記事は約6分で読めます。

 

564: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/12/24(金) 12:07:08 ID:a/dw4IkW0EVE

前妻の間男の娘と結婚したよ。
間男の美人妻に似てめっちゃ可愛いし慰謝料頂いた上に可愛い娘さんまで頂いてさーせんww

566: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/12/24(金) 13:32:17 ID:JyScA07tdEVE

>>564
わかってんだろうなぁ!?
kwsk!!!

567: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/12/24(金) 21:25:25 ID:a/dw4IkW0EVE

kwskサンクス。
叩かれるだろうがかるーーく書くわ。
俺は当時35歳。

病院で医療事務のパートをしていた前妻(同い年)が勤務先の医師(当時50歳)とダブル不倫した。
まあ結婚10年目、前妻の不妊で子供もいなかったのにある時期からどうしてもそんな気持ちになれずにレス気味になって以降、
女盛りの前妻には寂しい思いさせたからその点は申し訳ないと思っている。
まあ、あいつヒスだったが。

前妻の不倫の発覚は間男の娘(現嫁)からの密告。まあ、不倫には薄々気づいていたけどね。
日曜日の昼に1人で飯食ってたら呼び鈴が鳴ってドアを開けるとそこには真っ白なコートを着て赤いリボンをつけたポニーテールの可愛い女の子が現れた。

嫁の友達にしては若すぎるよな、
誰だろうと思っていると「奥様と私の父の不倫の件で参りました」「この度は父が申し訳ございませんでした」と頭を下げられた。
「は?ドッキリ?」と怪しんでいると封筒から写真を取り出して見せてくれた。
間男と前妻がイチャコラしている写真だった。
行為の写真はなかったけどホテル入っていく写真とかあった。
まじで現嫁は探偵が適職じゃないかな。

現嫁は友達と県内の都市部に行った時、前日から東京に出張に行っているはずの自分の父親が知らない女とビジネスホテルから出てくるところを目撃して何かを察したらしい。
娘に見られていることに気づいていない間男は前妻の腰に手を回したり、ジュースを回し読みしたりチュッチュしたりしてイチャコラ。
現嫁は怒りをこらえながら無音カメラで不倫の証拠を撮影した。一緒にいた友達はドン引きしていた。

その日以来、現嫁は仕事終わりの父親をを待ち伏せして尾行するのが日課になって、間男と前妻がホテルに入っていく写真も1人で撮ってくれた。
そしてある程度、証拠が溜まったところで父親を問い詰め、不倫相手の夫である俺のところに不倫の証拠を持ってきてくれたというわけだ。

ちょうどその頃、間男の妻である現嫁母は末期癌で余命わずかだったから自分の父親と不倫相手を○してやりたいとまて思ったそうだ。当然の感情だろう。
現嫁は何も知らずに穏やかにタヒを待つ現嫁母に余計な思いをさせまいと現嫁母には何も言わなかったが、不倫の証拠は俺に渡してくれた。

568: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/12/24(金) 21:26:06 ID:a/dw4IkW0EVE

間男は自分の妻が寝たきりだったからか、不倫をしている癖に警戒心が緩く、おまけに医者の癖に機械オンチでスマホにもロックをかけていないトンマ野郎だったから、
現嫁は間男のスマホから不倫相手である前妻の住所や電話番号をゲットした次第らしい。
現嫁も父は医者の癖にプライベートではノロマでちょっとアホなところもあると言っていた。
普段は腕のいい外科医らしいが。

間男の妻を除いた両家の話し合いでは間男と前妻が俺に慰謝料を払うことになった。
間男の方は現嫁の意向で嫁母には何も報告しないことになった。

話し合い以降、現嫁とは会っていなかったのだが離れた場所にある大型スーパーで現嫁が働いているところを目撃した。
気まずかったからスルーしようと思ったが「私、もうすぐ上がるのでどこかでお茶しませんか?」と声をかけられた。

「嫁ちゃんは大学生?」
「学費払えなくて中退しました。」
「えっ!?お父さんお医者さんでしょ?」

「そうなんですけど父親を破滅に追い込んだから縁を切られちゃって…
裕福な父がいるから奨学金も借りられず…
大学に相談しても父兄の方に頼りなさいの一点張りで…
母はあれからすぐタヒんだけど、身寄りがないのに苦労して看護婦になって1年間しか働かずに医師の父と結婚して専業主婦になった人だから母個人のお金ってほとんどなかったんです。
うちの大学の派手な子が夜の嬢やっているって聞いたからその子に相談して勇気を出して飲み屋で働こうかとも思ったけど、
いざ面接に行くとやっぱり男の方にお酌をしてお金もらう仕事なんて耐えられないなって思って面接で断りました」

「よかったよ…嫁ちゃんが飲み屋で働かなくて…でも、そこまで苦労したのは俺のせいだ…。」

「そんな、俺さんは被害者ですよ。うちの父が俺さんと私の病弱な母を傷つけたんです。私は父の因果を背負っただけです。」

「俺、子どももいないのに慰謝料過分に貰いすぎたから君に返すよ。」

スポンサーリンク
569: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/12/24(金) 21:27:37 ID:a/dw4IkW0EVE

「ダメですよ。もうやめたから…それに本当に良かったんです。あのまま大学に通ってても父のツテで医学生とお見合いをして働くことなく婿をとらされていましたから。
今は自分のために生活できることがすごく嬉しいんです」
「嫁ちゃん…」

それ以来、嫁と俺はデートするような関係になったが、あくまで兄みたいな気持ちだったし、1年ぐらいはステディな関係にはならなかった。

急展開したのはバレンタインかな。チョコレートをもらったのだが既製品だし普通にお歳暮のようなものだと思ってお礼を言った。
しかし、次の日になぜか手作りのマフラーをくれた。嫁は編み物が趣味で今でも俺や子供のセーターとかチョッキを編んでくれるんだ。

「手作り!ありがとう。嫁ちゃんも俺みたいなおっさんじゃなく、櫻井翔くんやキムタクみたいにかっこいい彼氏を作って彼氏に作りなよ」
と言ったら「ちょっと!俺さん!どれだけ鈍いんですか!もう!
チョコレートあげたのに告白だと気づいてくれないから昨日、徹夜でマフラー編んだのに!
とプンプンされた。

「私、俺さんが好きです。離婚の話し合いの時に奥様の憎い浮気相手の娘である私が傷つかないように考えてくれて私の意見を聞いてくれてなんて優しいんだと思いました。
私の父は病弱な母を大事にしませんでした。
父の同僚や同期のお医者様の奥様は大学出のお嬢様や女医さんばかりのなから母は気遅れすることもあったけど妻として家事や近所付き合いを必タヒにこなして、
夫に養っていただいているんだからと大きな家なのに家政婦さんを雇うのも断ったぐらい癌になるまでは1人で家を守っていました。
母は看護婦の仕事が好きだったから復職しようとしたのに父は許しませんでした。
母は父のお陰で裕福な生活は遅れたけど、心は満たされず不幸のままでした。
父のせいで私も不幸になったけど母の代わりに私が幸せになることが母への親孝行です。
私は俺さんといることが幸せなので俺さんと人生を歩みたいです。
俺さんは奥様をとても大切にしていて父との違いに驚いたんです。私じゃいけませんか?
不倫相手の子どもはやっぱり汚いですか?」

「そんなことないよ!でも年齢差15歳だよ。」

コメント

  1. 名無し@2ch浮気速報 より:

    『似たような話昔あった気はするなぁ・・・気団で』
    間娘と結婚して間嫁とも親子丼していた話だったような・・・

タイトルとURLをコピーしました