スポンサーリンク

【復讐】間女と二人で笑顔で「おかえりなさいー☆」って浮気した彼をお出迎え【ワロタ】

サレ女
この記事は約4分で読めます。

 

293: 1: 2010/05/31(月) 15:06:00 ID:5A1Nv2o80

かなり前の話。
ついでにまとめるのヘタなので無駄に長文。

私子と彼男が付き合ったキッカケは合コン。
二人とも隠れオタクで、シ酉の勢いもあってお互いオタクだと暴露。
そのまま付き合いだし、二人とも本性を隠さなくて済むので凄く楽だったし楽しかった。

ただ、ここ最近、付き合って2年目になる彼男が最近仕事が忙しい、
という理由で極端に会う回数が減っていた。

ある日突然、知らないアドレスからメールが届いた。
「一方的なメール、失礼します。
彼男さんから話を聞いていると思いますが、私からも言わせてください。
お願いだから彼男さんを解放してあげてください。
貴方が彼男さんを好きだという気持ちは判ります。
でも、彼男さんに必要以上に負担をかけて、迷惑をかけて、
彼男さんも精神的に追い詰められています。
どうか一日も早く別れてください。」

こんな感じの内容だった。
ちなみにメアドからして明らかに女の子だった。
突然のことで驚いたし、彼男からは一切何も聞いていない。
何かの勘違い?と思いつつ、でも最近仕事で忙しいって会う回数が減ってるし…と色々考えて
とりあえず

「メール読みました。
色々誤解もあるようですので、一度お会いしませんか?」とメールを送り
数回のメールのやりとりの後、彼女の家の近くのサイゼ●アで会うことになった。

ちなみに、この彼女の家(というか一人暮らしなので彼女の部屋?)
は彼男の職場からかなり近い。

 

294: 2: 2010/05/31(月) 15:06:43 ID:5A1Nv2o80

当日お店にはいると、彼女の方が立ち上がって私にペコリと頭をさげてきた。
「お忙しいところすみません」と気遣いも忘れない良い子だった。
私に比べると半分くらいの薄さで、華奢で、可愛くて、あぁ、こりゃ負けたと思った。
「よく顔わかりましたね」「彼男さんの携帯に写真があったので…」
と他愛も無い会話をしつつ本題へ。

長くなるので簡単にまとめると

・A子と彼男は付き合って3ヶ月ほどになる。
・付き合ってすぐに実は彼女がいると白状される。
・既に気持ちは離れているけど、別れ話が進まないということらしい。
・年内(付き合い始めが11月)には彼女と別れると約束するも現在も別れていない。
・理由は私が彼男と別れないとゴネているから。
・しかも別れたくないと何度も自○未遂(!)を繰り返し、彼男も見捨てられなくて困っている。

…とかこういうことらしい。

残業の後、家に帰らずに自分のところに泊まってくれるのが嬉しい。
週末は貴方からの脅しで会えないのがツライ。
彼は別れたがっているから早く彼を解放してあげてほしい…
と涙ながらに訴えられた。

当然だけど、これは全部彼男の嘘。
一度も別れ話なんて出て無いし自○未遂なんて一度もしたことない。
彼女をつなぎとめておくいい訳に私をメンヘラにするとは…
と思うとなんだかムカムカしてきた。

スポンサーリンク
295: 3: 2010/05/31(月) 15:07:28 ID:5A1Nv2o80

会話の途中で「こないだのクリスマスも…」とクリスマスの話になった時、
彼女がまた泣きながら
「あの時も貴方が自○未遂をして彼を引きとめたから、
私は一人でクリスマスを迎えた」と軽く責められた。

ちなみにクリスマスはかなり前から彼男と約束をしていた。
当日、彼と二人でちょっと良いレストランにいき、おシ酉飲んで、
そのままカラオケいってアニソンメドレー。
その後彼男の部屋に泊まった。

…ただ、途中で「友達にメール」といって何度かメールを打っていたのは覚えている。
あぁ、そうか。アレは彼女にメールを送ってたのか。
彼女が自○未遂をして急にいけなくなった、ごめん、とかそういうメールをあの時打ってたのか。

なんか、そう考えると彼女が不憫になってきた。
こっちが阿呆みたいに酔っ払ってアニソン歌いまくってる頃、彼女は彼の嘘に騙されて
一人で部屋にいて泣いてたんだろうな。
ケーキとか買って、クリスマス用の美味しい料理とかつくって…
でも、それ全部無駄になったんだよな。

そう考えると無性に彼男に対する怒りが湧いてきた。
で、気付いたら私もぽろぽろ泣いていた。
途中から飲んでいたワイソのせいかもしれないけど。
泣きながら事情を全部説明した。

手首も見せて一度も自○未遂なんてしてないことも伝えた。
最近彼から送られてきたメールなんかも見せた。
彼女は凄くショックを受けたみたいで、同じようにワイソを飲みだし、
二人で泣きながら彼男の悪口を言いまくった。

その後、おシ酉飲みまくった勢いで彼女の部屋に泊めてもらった。
彼男の私物なんかもあったし、二人で寝たんであろうベッドを
見たときはちょっと胸が痛んだ。

そしてそのまま二人で、買い込んできたおシ酉を飲んで夜を明かした。

サレ女
スポンサーリンク
Rakuten
Amazon
2ch浮気速報をフォローする
おすすめ記事
2ch浮気速報

コメント

タイトルとURLをコピーしました