スポンサーリンク

【復讐】裏切り者には裏切られ感を与え、詐○師には騙される事を教え、卑怯者には汚さを味わせよう【ざまぁ】

サレ夫
この記事は約4分で読めます。

 

433: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2011/07/21 (土) 16:56:06

 

汚嫁の親に暴露して汚嫁の逃げ道を塞ぎ、交渉の末に
間男を一緒に制裁するか?間男と共に葬られるのを選ぶか?yesかnoか?を突きつける。

同意したら間男の情報を聞き出し、間男の周辺から揺さぶっていく。

間男をかばうようなそぶりを見せたならば、間男よりも汚嫁を叩き潰していって、 逆に間男には「金さえ払えば後は問わないから」と謀略して置く。

間男を先に奈落の底に落とすか、汚嫁を先に奈落の底に落とすか、のプランを二つ用意しておけばいいだけ。

裏切り者には裏切られ感を与え、詐○師には騙される事を教え、卑怯者には汚さを味わせよう。

434: 名無しさん@お腹いっぱい: 2007/07/21 (土) 16:57:53

>>433
す、す、すごい。

435: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2007/07/21 (土) 17:25:13

>>433 師匠と呼ばせてください。
で、君の汚嫁はどうなりましたか?

439: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2007/07/21 (土) 17:45:54

>>435
まず、間男が保身に走り汚嫁と汚嫁の実家を攻撃。
それで汚嫁の両親が激怒し、間男と間実家にドナり込んだ。
汚嫁は引き篭もりに堕ちた。
間男も慰謝料の減額と身内バレを恐れ、徹底抗戦した。

しかし汚嫁が間男情報を全部バラして、汚嫁両親が間男実家や職場等に次々と凸していって間男瀕タヒの状態に。

それで両家で慰謝料の押し付け合い(500~1000)で醜悪な泥試合が長期化。
結局、間男と汚嫁はお互いに憎しみ合って絶縁し、それぞれ400を自分に搾取された。
自分には1000万以上の現金が残って、不倫組は無職、無一文、借金数百万とケンカ別れで終了。

小梨で間も毒だったので思いっきり制裁出来たからだと思う。

440: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2007/07/21 (土) 17:48:51

>>439
感心したのは、自分の手はほとんど汚してないというトコ。
見事だ。

441: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2007/07/21 (土) 17:54:30

>>439
すばらしいと思う。
けど、そうならないのが一番だけどな・・・

442: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2007/07/21 (土) 17:58:56

>>439
汚嫁がバカだったので、証拠はいくらでも入手出来た。
間男は最初は本気です!貴方も悪いんですよ!など厚かましかった。
自分はとっくに汚嫁への愛情が失せていたし、金が欲しかったので手段はじっくり考えた。

「汚嫁が悪いのか間男さんが悪いのか分からないから慰謝料は同額で・・」と言ったら、
コロっと態度を変えて「向こうから誘ってきたんですよ!淋しい淋しいって愚痴ばっかり言うから・・」
と自分に同情を求めてきたので、利用価値あるかも?って考え、この手段を思いついた。

443: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2007/07/21 (土) 18:01:12

わー 間男もバカだーー

444: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2007/07/21 (土) 18:07:57

あと、間男は末っ子で兄と姉にバレるのが怖かったみたい。色々頼ってたから。
新卒社会人一年生で大企業だったのでクビも怖がっていた。
汚嫁との出会いは当時、某サイトが全盛だったので。

スポンサーリンク
445: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2007/07/21 (土) 18:11:13

女はその後どうなったんだ?

446: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2007/07/21 (土) 18:22:03

>>445
間男家と汚嫁家の戦いが長期化して(2ヶ月くらい)鬱みたいになって、
病院の精神科に4ヶ月くらい通っていた。
その間に決着はついていたので離婚は成立。

携帯で週に何度もメールが来た。
自分が合コンや紹介で女性を探していると何度言っても、
構わずにメールがきた。「友達でもいいから・・」ばっかり要求してた。

それで、新しい彼女が出来た時に彼女に全部、打ち明けて了解してもらって、 会って話した。
彼女は車の中に待機。数時間後に彼女に登場してもらって
二人掛かりで優しく諭してお引取り願った。で、彼女とは結婚して2児の父です。

サレ夫殿堂入り・傑作選
スポンサーリンク
Rakuten
Amazon
2ch浮気速報をフォローする
おすすめ記事
2ch浮気速報

コメント

  1. 名無し@2ch浮気速報 より:

    某サイト
    スタビ

タイトルとURLをコピーしました