【通知】2021年7月25日(日) 10時にサイトを引っ越しました。不具合情報はここをクリック

夫婦生活が数年間なかったこともあり、ぼくは彼女の肌をむさぼるように求めました

シタ夫
この記事は約4分で読めます。
2015/01/28
2018/05/17 【投稿者を着色し再掲載】

2020/04/13 再掲載
2022/04/17 再掲載

dokuo
617: 名無しさんといつまでも一緒 2010/08/28 22:05:16

誰もいないかもしれませんが
ここで吐き出させてください。
ちょっと長いです。

618: 617 2010/08/28 22:06:33


結婚して9年、幼稚園の息子が一人います。
子供ができてからは嫁とはレス状態で、夫婦関係は冷め切っていました。
ぼくは友達も少なくて、会社帰りに飲みにいくこともほとんどありません。
自宅と会社の往復と、自宅に帰ればネットで時間をつぶす毎日でした。

619: 617 2010/08/28 22:06:45

職場に派遣社員の若い女の子がいました。
若いといっても20代後半ですが。
小柄な、かわいい感じの子でした。
ぼくの会社はWebで社員録があるのですが、その写真が小さい男の子の写真だったので
その女の子は一児の母なのだと思いこんでいました。

620: 617 2010/08/28 22:07:45

なにかのおりに「お子さんいるんですよね?」という話になった時
「これは甥っ子ちゃんの写真ですよ!私まだ独身です!!所帯持ちに見えます?」と言われました。
ぼくは「そんな写真張ってたら知らない人みんなそう思いますよ!なんのメリットがあるんですか!」と答えたことを覚えています。
思えば、それが仲良くなるきっかけだったと思います。

ぼくはそんなにコミュ力が高い方ではなく、どちらかというと自分から用もないのに話しかけたりできない人間です。
でも、その一件以来、その子が仕事中に声をかけてくれたりするようになりました。

621: 617 2010/08/28 22:09:25

当時、ぼくは35歳、彼女は29歳だったと思います。
嫁は同い年だったので、若くて朗らかなその子と話をするのはとても楽しく
単調な毎日に飽きた自分を明るくしてくれたような気がしました。
彼女は派遣社員ですが、社歴は長く、あちこちの部署に友人がいました。
その友人たちに「これが私のことを母親だとずっと思ってた617さん~」とか言う時に
「大好きな617さん」
とぼくの目の前でどきどきするようなことを言ったりしてました。

後で聞くと、「仕事の後に食事に行ったりする友人になってほしいな~」と思ってくれていたそうです。
実際、彼女には食事友達(全く飲めないので飲み友達ではないw)がたくさんいました。
ぼくとも、仲良くしたいな、と思ってのアプローチだったそうです。

622: 617 2010/08/28 22:46:17

ただ、彼女の友人たちの前で「私の大好きな617さんです~」なんてやられてしまうと
気持ちが波立ってしまって、「これは不倫の誘いか?男なら行くべきか?」なんて
食事のそのもっと先まで妄想するようになってしまいました。

623: 617 2010/08/28 22:47:36

ちなみに、「大好きな~」と言われたとき、ぼくは無反応でスルーだったそうです。
あまりに突然でアドリブのきかないぼくは、そうするしかなかったんでしょう。
彼女は「大好きってまたまた~」ぐらいの反応がほしかったらしいのですが。

彼女のアプローチは続きました。
彼女は職場で物品管理をしていて、何かを借りるときは彼女にお願いするのですが
滅多に使わないものは倉庫にしまってあります。
それを二人で探しにいくのですが、倉庫の中で二人きりになります。
段ボールをあけて中を確認するときに「これですかねー」と言いながら、体が触れるぐらい近寄ってくれました。
今思い出しても胸のあたりがじんじんしますw。
ぼくもそれとなく腕に軽く触れたり、好意を持っていることは示しました。

624: 617 2010/08/28 23:27:24

そんなある日、職場で軽い打ち上げがありました。
彼女にも少し手伝ってもらっていた仕事だったので、少し勇気を出して誘ってみたところ
一も二もなく参加してくれました。

職場のみんなでの打ち上げが楽しく終わり、自宅へと歩いて帰る途中に勇気を振り絞って電話しました。
「今日は来てくれてありがとう」「また食事行こう」
「えっと、二人でもいいですか」
ものすごく、どきどきしました。

彼女は明るく「いいですよー」と言ってくれました。
久しく忘れていた女の子を口説いてOKもらう時の高揚感がそこにはありました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました