org


321: 名無しさん@HOME: 2011/06/06 23:58

弟の嫁はバツイチで子供が一人
元旦那との離婚理由はDⅤと聞きました。

弟とは彼女が働いていた飲み屋で知り合ったそうです。

女手ひとつで頑張ってた方だと思って家族は強くは反対せず
弟との結婚生活を応援してました。

その嫁というのが実は激しくとんでもなかったのです。




「スポンサーリンク」










322: 名無しさん@HOME: 2011/06/07 00:03

結婚後、弟の間にも子供が生まれました。
身内としては元の旦那との子とも分けへだてなく
可愛がっていました。

しかし弟がだんだん無口で元気が無くなっていくのです。
その当時、弟は黙ってたのですが嫁は2・3人と浮気をしていたのでした。
弟が嫁の行動を調べてわかったことでした。


323: 名無しさん@HOME: 2011/06/07 00:06

驚いたことに弟との間に生まれた子供は
弟の子ではありませんでした。
そして元旦那との間の子供も元旦那の子ではありませんでした。
それ以前から長く付き合っている彼氏の一人との子供だったそうです。


324: 名無しさん@HOME: 2011/06/07 00:06

ん?
生まれた子の父親って弟じゃなかった、ってこと?


326: 名無しさん@HOME: 2011/06/07 00:15

弟とはもう離婚しましたが
その嫁は二人の子供の本当の父である人とは結婚しないそうです。
実は子供二人が二人とも知恵遅れで兎口で、それを嫌がってか
嫁は当時子供の世話はぜんぜんしませんでした。
弟が殆どしていました。
この離婚の際に施設を勧めたのですが
国からの補助金が入るので子供は手元において置くそうです。
今頃、その子たちがどうしてるか
かかわっただけに心配です




327: 名無しさん@HOME: 2011/06/07 00:23

追記
元旦那のDⅤはもちろん嫁の浮気が原因でした。
そちら(元旦那)の家庭ではすぐに自分たちとは血が繋がっていないと
解ったそうです。
あと、弟が留守の時には浮気相手を自宅に呼んでいたそうです

せめて知恵遅れで母親が何をしてるのか気付かないことは
子供にとって幸運なのでしょうか?


329: 名無しさん@HOME: 2011/06/07 00:30

スレとは離れますが、
弟名義でイ昔金作ったのです。元嫁が・・
全部で4桁少し欠けるくらいの額で
それらのほとんどを弟と両親で払いましたが
弟は精神的に弱くなってしまうし、
この不況時に父も大変な思いをしました。


330: 名無しさん@HOME: 2011/06/07 00:46

離婚の際に、調停はかけなかったの?


331: 名無しさん@HOME: 2011/06/07 00:51

生まれた子は、異議申し立てしない限り、
弟の籍に入ってしまい、
それなりに責任も生じてしまうと思うんだけど、
そのあたりはちゃんとしたのかな。


333: 名無しさん@HOME: 2011/06/07 01:07

調停はかけずに協議離婚でした。
>>331さんの言ってる様な異議申し立てはしてないと思います。
子供は嫁の籍に入ったとは聞いていますが
弟に確認してみます。

とりあえず、早く離婚しなければと言う状況だったので
(元嫁とその彼氏にもう辞めてくれと弟で三人で話し合った場で
弟はお前は邪魔者だと首絞められころされかけたのです)
なんというか、法とかそういったものの介入が
あれば良かったのかもしれませんが
通じる相手ではなく、こちらとしては早く縁を切りたいとなったのです


336: 名無しさん@HOME: 2011/06/07 01:31

>>333
子供が嫁の籍に入ろうが入らなかろうが嫡出否認の訴えを起こすか、父子関係不存在確認の訴えを起こさない限り父の欄にあなたの弟の名が書かれている筈です。
扶養義務や将来の相続関係に多大なる影響があります。
嫡出否認の訴えは1年以内にしかできませんので、父子関係
不存在確認の線で行くしかないと思いますが・・・
弁護士さんに相談することをお勧めします。


334: 名無しさん@HOME: 2011/06/07 01:08

悪いけど、馬鹿すぎるんじゃないの?




335: 名無しさん@HOME: 2011/06/07 01:12

>>334
馬鹿というか人が良かったのかもしれません。


337: 名無しさん@HOME: 2011/06/07 01:34

人が良いなんて言ってる場合か。暢気だな。


338: 名無しさん@HOME: 2011/06/07 06:35

>333
>こちらとしては早く縁を切りたいとなったのです

縁を切るとは、すなわち法的にもきっちりと決着をつけるということ。
現実をきちんと認識することが必要ですよ。





「スポンサーリンク」