【通知】2021年7月25日(日) 10時にサイトを引っ越しました。不具合情報はここをクリック
スポンサーリンク

主任A「俺は不妊なのに、妻が妊娠した」

この記事は約2分で読めます。


2019/08/23
2021/07/20 再掲載

org

927: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2019/05/06(月) 11:58:52 ID:oNW



転職前の会社で起こった事。

主任Aが仕事中、課員全員いる前で課長に

「離婚問題で弁護士に依頼する事になった。半休を申請する事が増えるかもしれない。

よろしくお願いします」と爆弾発言。



昼休みに主任Aが語った所によると、

「俺は不妊なのに、妻が妊娠したと報告してきた。俺が不妊であるとも知らず。

不貞で訴え離婚する」


驚いた事に主任Aは他課の派遣B子と不倫していたと言う。




「B子も同時期に妊娠したと報告してきた。結婚を要求してきたので、
こちらも弁護士を挟み詐○で訴える」
周囲の反応は様々だった。B子との不倫で引く者、
「W托卵だ!」と盛り上がる者、主任Aを応援する者……

引く&嫌悪が三割、「どっちもどっちだろ」と白けるのが四割、応援一割、
野次馬二割という感じだった。

俺個人の意見は「女房に不妊を打ち明けず結婚したのは不利なのでは?
B子との不倫がバレれば全面勝利は難しいのでは
?B子を詐○で訴えるのも、簡単に勝てると思えないが?」
ともかく全員自業自得と思い、以降は関わりたくないので静観した。

その後しばらくしてB子が退職。主任Aは宣言どおり半休取得が増えた。
約一年後、主任Aは全面敗北した。
検査と鑑定の結果、妻の子は99.9999%主任の子だったという。
B子が出産したかは不明だが、検査の結果、主任Aは生殖能力ありだった。
主任Aは三十歳を過ぎてオタフク風邪をしたため、
不妊になったと自己診断していただけだったらしい。
しかもB子に既婚と告げず付き合っていた。

主任Aは「同じ会社なんだから向こうは知っていたはず!」と主張したが、
B子が社内個人情報から遠い立場にいた事や、メールやLINEの内容から否定された。
主任Aは不貞で妻に離婚され、慰謝料を取られ、
B子に逆に結婚詐○で訴えられ、同じく慰謝料を取られた。
養育費を一括払いできず、給与から毎月天引きが決まったため、会社側に諸々がバレた上、
本人の愚痴が矛盾だらけだったせいもあり全面敗北はほどなくして社内に広まった。

全員泥沼の誰も得しない争いだと思って静観していたら、
意外な展開だった。

コメント

  1. 名無し@2ch浮気速報 より:

    常識的に考えて托卵を企んでいるとは思わないだろ
    報告者も毒されてない?

  2. 名無し@2ch浮気速報 より:

    托卵と言い出したのは報告者じゃないだろ

タイトルとURLをコピーしました