2ch浮気速報

2chまとめブログ 修羅場・浮気・離婚

殿堂入り・傑作選(アンテナ経由)

伝説の92

伝説の922

熱湯バット男

浮気がバレた女の末路(色々)

30近い女と40近い妻子あるおっさんがよくもまあ愛だの恋だののたまってさかりまくれるもんだわさ

婚約者M子

間男「お前は所詮2番目だ。お前の嫁も俺の下で悶えながら言ってたぜお前より全然良いってな」

20歳頃付き合ってた5歳年上の女がすごい生意気だった。俺が下手に出すぎたのか俺はペット状態。

裏切られた人にしか裏切られた気持ちはわからない

徹底的に間男学生を制裁。そして間男学生がオートバイの自爆事故を起こし半身不随。いい気味だ

開戦。ほぼ完璧な証拠も確保した。ビ.ッ.チ.及び糞野郎共どうしてくれようかwww

俺の部屋だけ建築基準ちがくね?

カテゴリ:殿堂入り・傑作選

「スポンサーリンク」


org

  【1/3】  2020/01/24 21:00 公開

  【2/3】  2020/01/24 21:30 公開

  【3/3】  2020/01/24 22:00 公開




60:659  2008/08/11 (月) 20:08:02

嫁はまだ、俺が変なのに気づいていないようだ。
しかし、明後日から会社が休みなんだが、
嫁とどうやって付き合ったらいいのかわからないよ。
嫁の実家に行くのがすげえ苦痛だ。
考えただけでおかしくなりそうだよ。
さすがに実家でゲロ吐いて倒れたら、異変に気づくだろうな。
そうしたら、そうなった時のことだ。
腹を括るしかないな。





1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

「スポンサーリンク」


2015/09/10
2018/07/25 再掲載
2020/01/23 分割して再掲載


dokuo


  【1/2】  2020/01/23 21:00 公開

  【2/2】  2020/01/23 21:30 公開



787: 名無しさん@ピンキー: 2010/01/28 (木) 00:40:47

妻の告白に衝撃をうけた。少し前まで思考停止状態だった。
相手は妻の上司。妻は結婚後も子供が授かるまで働いていた。
つまり俺と知り合う前からの付き合い、不倫の仲だったわけだ。
衝撃はそれだけではなかった。その上司と20年近く今も定期的に合引をかさねていること。
俺と別れて間男と一緒になりたいこと。(昨年間男の奥さんが○くなって決心したそうだ。)
長男が自分の子ではなく間男の子。

これが全て事実なら俺はどうすればいいんだ?
ちなみに2男1女。俺45、妻43。持ち家。


1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

「スポンサーリンク」

2018/09/19
2020/01/20 分割して再掲載


org


  【1/4】  2020/01/20 21:00 公開

  【2/4】  2020/01/20 21:30 公開

  【3/4】  2020/01/20 22:00 公開

  【4/4】  2020/01/20 22:30 公開



6:報復万歳 ◆5Sh8fD4Izo 2014/05/30 (金) 22:11:33.17

今年2月半ば、糞嫁の浮気発覚。
教えてくれたのは、糞嫁の同僚女性2人。
間男は、糞嫁の上司。


6:報復万歳 ◆5Sh8fD4Izo 2014/05/30 (金) 22:11:33.17

スペック
俺 26歳 リーマン 両親無し 縁者は養父の大叔父のみ
糞嫁 27歳 営業(正社員) 両親・妹3人
交際1年半 結婚1年半 子供無し

間男 31歳 妻子有り(間奥30歳・間娘6歳らしい)


本日より2泊3日で女友達3人と嘘をついて糞嫁が間男と不倫旅行。
糞嫁の女友達3人にも雄がくっついてて、糞嫁友の内2人が既婚・旦那とは違う男連れ。
4組がそれぞれ別のホテ○・旅館に入ったと興信所より連絡。
その後、再度合流して観光地をイチャコラしながら見て回ったらしい。

これまでに興信所よりホテ○の出入4回の写真、自宅での行為1回分隠しカメラで撮影。
糞嫁が勤める会社の慰労会で、俺個人を特定できる言い方で、間男・間男の取り巻きと一緒に俺を侮辱する発言の撮影。
携帯・PCでの糞メール確保済。
普通預金が284万円不足。
他の糞嫁友数人が、糞嫁のアリバイ工作に積極的に荷担している証拠有り

本日夕方、糞嫁が勤める会社の人事に、社内不倫をしている事・就業時間中にホテ○へ行っている事・慰労会の時の侮辱発言等を伝えた。
厳格な処分を望む事・証拠集めの最中なので対応は月曜日以降にして欲しいと伝えた。



1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

このページのトップヘ