2ch浮気速報

2chまとめブログ 修羅場・浮気・離婚

3/21 「殿堂入り・傑作選」のリンク切れを修正しました。

殿堂入り・傑作選(アンテナ経由)

伝説の92

伝説の922

【サレ夫】熱湯バット男【離婚】

【サレ夫】ネ果の嫁がネ果の男の上で腰振ってた。で、動かなかったもんだから、男そのまま中田氏。嫁の親戚の奴で、前に嫁方の法事で会ってた。【離婚】【長編】

浮気がバレた女の末路(色々)

【サレ夫】頭の中まっピンクにしてサ力リまくってれば嫌でも気がつくだろうっての【離婚】【長編】

【サレ男】婚約者M子【破談】

【サレ夫】間男「お前は所詮2番目だ。お前の嫁も俺の下で悶えながら言ってたぜお前より全然良いってな」【再構築】

【サレ男】20歳頃付き合ってた5歳年上の女がすごい生意気だった。俺が下手に出すぎたのか俺はペット状態。【別れ】

【サレ夫】裏切られた人にしか裏切られた気持ちはわからない【離婚】

【サレ夫】徹底的に間男学生を制裁。そして間男学生がオートバイの自爆事故を起こし半身不随。いい気味だ【離婚】

【サレ夫】 開戦 【離婚】【長編】

カテゴリ:サレ夫

「スポンサーリンク」

org


311: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/09/22 (水) 09:09:08

今朝から仕事で隣の県まで出てきてて、準備しながら嫁とメールしてたら
「今日は来るよね?」って。
とりあえず落ち着いてから考えます。



316: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/09/22 (水) 09:41:49

まさか自分にとは思いますが、俺もこのスレ1日目から見てるので気になります。

「俺は明日だけど○ちゃんと□ちゃん(バイト君とバイトさん)が今日の内に帰るけど?来るって何?」
と返信したら
「ゴメン、打ち間違え」
って。

もう少し様子見て俺的にグレーだと思ったらコテトリつけて報告します。


317: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/09/22 (水) 09:56:41

「別に単身赴任の父親に子供が言うんじゃないんだから寂しい言い方するなよw」
「ゴメンナサイ。お仕事頑張って。」

嫁のセリフがなんとなく臭う感じです。
これから仕事の現場入ります。
暫く動けません。



1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

「スポンサーリンク」

org

24:復讐するは我にあり ◆rcyl1g1eauOR2014/06/06 (金) 20:55:20.44


嫁にやられた復讐か、懐かしい話だなw
ただなお前ら、悪いことは言わん、止めておけ。
結局復讐なんて何の解決にもならないよ。

そりゃあ耐えがたい苦痛だろうさ。
ぶっちゃけ自分の存在価値を否定されるわけだからな。
厄介なことは、嫁を愛し、真面目にやってきた人間ほどダメージがでかいからなw

毎日の生活と、マンネリの夫婦関係の中で、いつしか半ば女として見られなくなっていた嫁。
結婚して妻とした以上は自分のものとの安易な決め付けもあるだろう。
それが悪いことなんかじゃ決してないけどな。

安らかに穏やかに、日々を過ごし、嫁や子供を自らの家族として、守り育てることが雄の努め。
嫁の浮気なんて、実際は愚かな女ゆえの浅はかな楽しみに過ぎない。

緊張感をなくした夫、衰えていく自分の容姿に危機感を覚える嫁。
最後の抵抗、それは嫁にとっての不毛な戦い、宿命との戦い、どんなに美しい女だろうと避けられない戦い。

俺達雄にとっては、何にも嫁の若さや美しさだけが重要なわけじゃないよな。
愛した相手を守り、共に人生を過ごす事、それこそが大半の男にとって半ばインプットされた本能。
それは生きていく為の糧であり、闘うことの理由なんだよな。

その大きな意味での前提を破壊されることは、雄にとっては生きタヒにの問題だよな。
大昔、今ほどただ単に生きていくことが簡単では無かった時代は、ある意味じゃ幸せだったかも。
愚かな男の愚かな話で良ければ、少しだけ付き合ってくれ。
怒りにまかせて、自爆した馬鹿な男の話に。



1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

「スポンサーリンク」


org



10: パニック ◆9BzCaGlFuM 2010/04/16 (金) 22:24:48


携帯から失礼します。気団の皆さん、相談に乗ってください

自分 31
嫁 28
間男 24
子供 四歳娘一人

事は先月の今頃、保育園の父母飲み会で飲み、ママさんだけでカラオケ二次会に行くと言って嫁がスッピンで昼帰りした事から始まりました。

もちろん心配して何度か電話やメールもしましたが返答なし。


1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

このページのトップヘ