2ch浮気速報

2chまとめブログ 修羅場・浮気・離婚

殿堂入り・傑作選(アンテナ経由)

伝説の92

伝説の922

【サレ夫】熱湯バット男【離婚】

【サレ夫】ネ果の嫁がネ果の男の上で腰振ってた。で、動かなかったもんだから、男そのまま中田氏。嫁の親戚の奴で、前に嫁方の法事で会ってた。【離婚】【長編】

浮気がバレた女の末路(色々)

【サレ夫】頭の中まっピンクにしてサ力リまくってれば嫌でも気がつくだろうっての【離婚】【長編】

【サレ男】婚約者M子【破談】

【サレ夫】間男「お前は所詮2番目だ。お前の嫁も俺の下で悶えながら言ってたぜお前より全然良いってな」【再構築】

【サレ男】20歳頃付き合ってた5歳年上の女がすごい生意気だった。俺が下手に出すぎたのか俺はペット状態。【別れ】

【サレ夫】裏切られた人にしか裏切られた気持ちはわからない【離婚】

【サレ夫】徹底的に間男学生を制裁。そして間男学生がオートバイの自爆事故を起こし半身不随。いい気味だ【離婚】

【サレ夫】 開戦 【離婚】【長編】

カテゴリ:サレ夫

「スポンサーリンク」
dokuo

167: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/22 (日) 20:49:51.57


私30歳
妻27歳
子供ナシ

給料は手取りで25万前後 お小遣い制 

で相談と言うのは妻が確実に浮気してるんです・・・相手は恐らく義父つまり妻の実父です


169: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/22 (日) 20:56:53.62


近親。。重いのキタコレ。。

1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

「スポンサーリンク」
dokuo
440: 名無しさん@おーけーちゃんねる 2014/08/29 10:47:52

前の夫と結婚した時、私が20で夫が28と年齢差があった。
知り合ったきっかけも高校時代の
塾の講師と生徒という関係で、
短大出たら結婚しようと言われて、
就職がうまく行かなかった私も結婚してたら
正社員じゃなくてパートでも許されるだろうし、
それよりも夫の事が好きだったから結婚することにした。

年齢差も有ったし、短大出てすぐ結婚したいと言ったから
両親は反対した。


1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

「スポンサーリンク」
dokuo
49: ○○○.ne.jp ◆8HAMY6FOAU 2013/12/26 (木) 04:33:53.70


相談させて下さい。
上手く順序立てて書けているか不安ですが…

◆現在の状況
別居中 6ヶ月目
◆最終的にどうしたいか
同居してやり直したい
◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額)
35歳
職業は、今は会社員・年収550万前後
3ヶ月前までは個人事業主・年収500万前後
◆嫁の年齢・職業・年収(手取り額)
31歳・アルバイト・103万以内
◆家賃・住宅ローンの状況
賃貸・月9万程度
◆貯金額、相談者・配偶者・共有
共同で100万ほど
◆イ昔金額、イ昔金があればその理由
なし
◆結婚年数
5年
◆子供の人数・年齢・○別・連れ子の場合はその旨明記
子無し
◆親と同居かどうか・両実家との距離
嫁の実家は電車と徒歩で合計1時間程度
自分の実家は飛行機と車で合計1時間程度
◆相談者と嫁の離婚歴、あればその理由
なし
◆DⅤ・浮気の内容、その他離婚危機の原因があればその詳細(長くなっても思い付くものを全て書いてください)

別居原因は自分のモラ八ラ・DⅤ
何ヶ月かに一度、嫁を馬.鹿にするような、または束縛するような言動と
怒ったら物にあたる(投げたり、物音をたてたり)というのがありました。

そして、半年前に大きな喧嘩をすることがあって、その際に大声で罵倒する、テーブルの上にあった小皿を床に叩きつける、
本棚の本をぶちまけるという○力をきっかけに、嫁は実家に逃げていきました。

また、その4年前には嫁の不輪が発覚し
大声で罵倒するということもありました。

別居直後に嫁からは、○力が怖いので離婚したいと言われています。
また、個人事業主での生活が不安だということと、DⅤ更生プログラムに通って欲しい旨を伝えられ、
それを受けてDⅤ更生プログラムへ参加し、他にも自己改善の為のカウンセリングも複数受けて、企業への就職もしました。

嫁は、それ自体は頑張っていると思うが
やはり離婚したいという気持ちはまだ変わっていない、とのことです。

別に、俺はこんなに頑張っているんだからどうこう!と言いたい訳ではないのですが、些か疲れてきてしまいました。

もう、再構築は難しいのでしょうか。
ご意見頂ければ幸いです。


1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

このページのトップヘ