2ch浮気速報

2chまとめブログ 修羅場・浮気・離婚

殿堂入り・傑作選(アンテナ経由)

伝説の92

伝説の922

熱湯バット男

浮気がバレた女の末路(色々)

30近い女と40近い妻子あるおっさんがよくもまあ愛だの恋だののたまってさかりまくれるもんだわさ

婚約者M子

間男「お前は所詮2番目だ。お前の嫁も俺の下で悶えながら言ってたぜお前より全然良いってな」

20歳頃付き合ってた5歳年上の女がすごい生意気だった。俺が下手に出すぎたのか俺はペット状態。

裏切られた人にしか裏切られた気持ちはわからない

徹底的に間男学生を制裁。そして間男学生がオートバイの自爆事故を起こし半身不随。いい気味だ

開戦。ほぼ完璧な証拠も確保した。ビ.ッ.チ.及び糞野郎共どうしてくれようかwww

俺の部屋だけ建築基準ちがくね?

タグ:サレ女

    このエントリーをはてなブックマークに追加
「スポンサーリンク」

2015/12/18
2018/05/30  再掲載
2020/04/04 再掲載

dokuo

314: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/08/19 (木) 23:24:31 O

この間体験した修羅場投下ー

少し前、私は職場でミスを連発してしまい
落ち込みながら一人自棄シ酉を決行。
自棄シ酉の後しばらくして、フラフラになってしまったので
○いを醒まそうとお店のトイレに向かった。
歌いながらトイレに向かっていたらトイレの方から
「べちっ、ぐちっ」と変な音が聞こえてくる。
なんだろう?と思って覗いてみたら、
そこにはとても綺麗な女の人が
マウントポジションから男の人を○っている最中だった。
ノンストップでポコポコにしてるんだけど、
あんまりにも綺麗な人なんで、
「こういう男をナグる機械か人形なのかな……」
とちょっと現実逃避してたら
私の近くの壁にピッ、ピッと血が飛び散ってきた……

よいが完全に醒めたのでとりあえず、
止めてー!とか叫びながら女の人を
羽交締めにしておいてお店の人を呼んだ。
どっちも血が出ていたので
もうホントにタヒぬかと思ったけど、
後から聞いたら男の人はあんまり怪我してなくて、
ほぼ女の人の両拳の方の怪我だった。





1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
「スポンサーリンク」

org


985: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木) 11:46:16 ID:Tyg

若い頃付き合っていた男Aは実業家で小金持ちだった
フツメンだけど背は高くおしゃれだったのでモテモテ
性格は当然自信家で傲慢…ってハーレクインの相手役みたいだねw
二股どころか四股かけられたこともあった
というか、私が浮気相手だったのかもしれない




1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
「スポンサーリンク」



org




444: 恋人は名無しさん 2011/04/21 (木) 16:04:14.68 ID:UHWZYukU0

投下してみます
私自身ではなく妹の話です。多少フェイク入ってます。


A子…妹
B男…妹の元彼
C美…彼と仲のよかったキャ○嬢

A子に初めて彼氏ができた。
ことあるごとにB男の話をしてきて、話を聞く限りではいい人そうだなーと思っていた。
ある日、B男がキ○バクラのボーイをしていたことが判明。A子には工場の仕事だと言っていた。
B男は「幻滅されると思って、どうしても言えなかった。騙す結果になってしまってごめん。
生活サイクル辛いし、まともな仕事が見つかるまでの繋ぎだから」
と謝罪し、A子も「真っ当な職につきたい気持ちがあるみたいだし」と許した。

ある日、A子とB男が遊んでいるとB男に電話が。
B男が楽しそうに話しているので、A子が「誰?」と聞くと
「あぁ、俺が今担当しているキャ○嬢だよ。仕事の話で悩んでるみたいでさ」と。
A子は仕事の話だからしょうがないよね、と自分を納得させた。

それから数日後、A子がB男の家に遊びに行くと(B男はA子に合鍵を渡している)
B男は電話中で、A子が来たことに気付いていないようだった。
A子が驚かせてやろうと思ってじっとしていたら

B男「え~?彼女いないよ。俺モテないし…
C美ちゃんこそ、俺と電話してて怒られないの?彼氏いるでしょ~…(略)あはは、じゃまた連絡するねー」

勿論喧嘩になった。
しかしB男に「売れてる子がやめないように管理するにはこうするしかないんだよ。実際何もしてないから」と言いくるめられ、
A子にもやもやが残ったものの、その場は落ち着いた。




1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

このページのトップヘ