2ch浮気速報

2chまとめブログ 修羅場・浮気・離婚

殿堂入り・傑作選(アンテナ経由)

伝説の92

伝説の922

熱湯バット男

ネ果の嫁がネ果の男の上で腰振ってた

浮気がバレた女の末路(色々)

【サレ夫】頭の中まっピンクにしてサ力リまくってれば嫌でも気がつくだろうっての【離婚】【長編】

婚約者M子

開戦

5歳年上の女がすごい生意気だった。俺が下手に出すぎたのか俺はペット状態。

タグ:サレ男

「スポンサーリンク」


org



801: 恋人は名無しさん 2007/10/31(水) 16:07:14 ID:xcQfu1rS0

ちょっと昔の話書いてみる。
俺男   当時20 大学生       クラブの寮生活
彼女子  当時18 高校卒業後プー 実家暮らし 
金助   当時22 大学生       かなりの金持ちらしい マンションに一人暮らし
金美   当時18 大学生       彼女の親友 俺とも友達 実家暮らし

ガキンチョの頃からずっとあるスポーツに打ち込んできた俺は、高校の全国大会でも
まあまあの成績を収める事ができ、関東の大学に推薦で入学しクラブの寮生活を始めました。
入学してすぐ俺を高校の頃からずっと応援してたと言う女の子がたずねてきました。



そのクラブには、結構全国的にも有名は選手が他にたくさんいて、女の子がたずねて来る
事は多々あったんですが、入学したての1年生に来ることは稀で、ましては俺は初めての
経験だったのでドキマキしてしまいました。可愛かったので、なんやかんやで付き合って
みることにしました。それがまだ高校生だった彼女子との出会いでした。

俺は高校までクラブに打ち込んでまじめでウブで、彼女子が初めての相手でした。。
彼女も初めてだといってましたが真偽の程はわかりません。
俺が試合の時は彼女子は必ず応援に来てくれてましたし、彼女の家にも遊びにいったり
して交際は順調に進んでいきました。
彼女子の両親とも仲良くなり、俺はうっすらとこのまま結婚するのかもなって若気の至り
で考えたりしてました。

2年位して彼女は高校を卒業して進学も就職もせずプー太郎をしていて
「俺男と一緒に住みたい」とか、「家を出たい」と言う様になりました。
そしてその頃から、携帯に電話しても繋がらないことが多々あったり、デートをキャンセル
されたりするようになりました。
彼女子は「俺男をと一緒に住みたいから、アパートを借りたくてバイトを始めた」との事。
当時宿代も馬.鹿にならなかったので(猿でした・・)素直に納得し、バイトでも仕事をする
事は良い事だと思い応援する事にしました。
仕事は、実家近くの喫茶店だということです。

長くなってしまいした。続けていいですか?




1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

「スポンサーリンク」


org




117: 恋人は名無しさん 2009/07/29(水) 10:13:49 ID:vwahEGPV0

最近やっと片がついた修羅場。プチだが投下。

俺男 大学生
友男 大学生
浮子 大学生

大学の入学式、たまたま席が前後だった浮子に一目惚れ。
大学デビューと言わんばかりに髪を染め上げている奴らの中、黒髪の彼女は目立っていた。



俺はヘタレなもんでアタックなど出来やしなかったが、陰でそっと眺めている
だけでも十分幸せだったさ。あの時までは。

さて、少し本題とはずれるが先程大学デビューなるものを鼻で笑うような書き方をした俺だが、
何を隠そう俺も大学デビューした奴らの一人だ。
高校までボッチだった俺は見た目だけでもリア充になりたかったんだよ。
けれどどんなに髪を茶色くしようが、男向けの雑誌なんぞ読もうが、一向に俺には友達が出来なかった。
っていうか、今思えば痛かったんじゃないの。大体いくら容姿にお金つぎ込んでも
コミュ力がなきゃな、何にも変わらない。

そんな便所飯ルートに猪突猛進の俺に声を掛けてきた奇特なやつがいた。友男だ。
友男は絵に描いたようなイケメンリア充で、顔を見るのも恐れ多い奴だった。
奴はいつも輪の中心にいて楽しそうで、俺とは正反対の人種だった。
なのに驚くほど気が合って、すぐに仲良くなれた。

口下手な俺を上手くフォローして、輪の中に入れてくれた。仲間にしてくれた。
友男に対する恩は返しても返しきれないほどある。
それから程無くして、俺も皆となじめてきたころ友男が彼女を紹介したいと言いだしたのだ。




1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

「スポンサーリンク」

org



808: 恋人は名無しさん 2009/07/26(日) 13:44:31 ID:Pa6UtGROO

ちょっと思い出話に近いかもしれないが聞いてください。

俺…A高の2年。
華奢子…A高の2年。彼女。
眼鏡男…A高の3年。
ベンツ男…大学3年。
料理男…B高の2年。
空手男…C高の3年。
テニス男…C高校の1年。


俺は中学の頃から華奢子にベタぼれだった。
頭悪かったけど、華奢子が行く高校に一緒に行きたくて猛勉強。
そして合格。高1の時に同じクラスという特典もついてた。


華奢子はすごく可愛いから高校でもすぐ人気がでた。
でも控え目な子だったから、慣れた人としかあんまり話せなかった。

俺は中学が同じだったから、最初からよく話してもらった。
それに気を良くして、猛アタックしまくった。
で、1年の秋になんとかOKをもらうことができた。
華奢子が「冷やかされたくないからあんまり言わないで」
って言うから、中学から仲の良い奴らにしか言わなかった。

付き合って半年が過ぎても、ヰスとかはできないでいた。
華奢子がしたがらなかったから、嫌われたくなくて我慢してた。
たまに手を繋ぐぐらいだったけど、それもすぐに離されてた。


1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

このページのトップヘ