2ch浮気速報

2chまとめブログ 修羅場・浮気・離婚

殿堂入り・傑作選(アンテナ経由)

伝説の92

伝説の922

熱湯バット男

浮気がバレた女の末路(色々)

30近い女と40近い妻子あるおっさんがよくもまあ愛だの恋だののたまってさかりまくれるもんだわさ

婚約者M子

間男「お前は所詮2番目だ。お前の嫁も俺の下で悶えながら言ってたぜお前より全然良いってな」

20歳頃付き合ってた5歳年上の女がすごい生意気だった。俺が下手に出すぎたのか俺はペット状態。

裏切られた人にしか裏切られた気持ちはわからない

徹底的に間男学生を制裁。そして間男学生がオートバイの自爆事故を起こし半身不随。いい気味だ

開戦。ほぼ完璧な証拠も確保した。ビ.ッ.チ.及び糞野郎共どうしてくれようかwww

俺の部屋だけ建築基準ちがくね?

「スポンサーリンク」


dokuo


790: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/08/24 (月) 15:28:42

ブタ切りすみません。
夫から離婚も視野に入れて今後のことを考えていると言われました。

理由はお互いに愛がなくなり、心の通わない関イ系でこれからの未来を一緒に生きていくことができないというものです。

お互い相手のことは好きではありませんが、
私は子供と離れることは考えられませんし、
子供から父親を奪うこともできません。

家事を分担してくれる夫ではなかったので、子供ができてからは話し合った末に私が専業主婦になり仕事もしていません。

子供を引き取って離婚した場合は、もちろん私も仕事に復帰できるよう努力して、母子でやっていけないこともないと思いますが、ブランクが長い上にこの不況ですし、今のように安定した生活をしてあげられる自信は正直ありません。

たとえ愛がなくとも、今のままの方が子供にとって経済的にも米青神的にも安定してくらせる環境だと思うのです。

これには、私が仕事と養育を担った上で今のように優しい母親のままでいられる自信がないという心の弱さも含みます・・・

私は、「確かに愛のない夫婦関イ系は辛いけれど、家族が崩壊してバラバラになること以上に不幸なことはないと思う。」と離婚したくないことを伝えています。

お互いに浮気やDⅤのような有責になる事実がなくても
夫からの離婚が通ることはあるのでしょうか。






1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

「スポンサーリンク」

dokuo

472: 名無しさん@HOME: 2010/08/11 (水) 15:35:11

流れを無視して規制解除記念カキコ

件名:トド美、俺だよ
本文:俺は決めたよ、トド美…結婚しよう!
(以下、過去の栄光を自慢する自己陶○&妄想文なので略)
な?トド美には俺しかいないんだよ。
分ったら、XX時に、○○駅前に居るから迎に来てくれ。
愛してるよトド美。

三年前に二又掛けられたうえに、お前さぁ、鏡見ろよ!馬.鹿じゃネーの?!と
嘲笑した元婚約者から来たメール。
風の噂で、物凄いお金持ちで年上の女○と結婚したと聞いていたが、やっぱり
浮気がバレて捨てられたんだろうな。女癖、超悪かったもんな~。





1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

「スポンサーリンク」

dokuo

114: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2015/12/18(金) 22:41:42 ID:Fgb

いいかげんうんざりしてきたので吐き出させて。
文章をまとめるのが苦手で、ダラダラ長くなるので、嫌な方はスルーしてください。

私の兄と、私の高校からの友人A子が結婚して3年になる。
兄はモテる人で、身内の恥になるけど、兄じゃなかったら口も利きたくないほどの浮気症。
A子はいわゆるいいとこのお嬢さんで、普段は控えめなんだけど、
思い込んだらコレしかない、みたいに、ちょっと頑固なところがある。

兄とA子の関係は、A子の一目惚れから始まったんだけど、私は一切取り持っていない。
むしろ、女の子をとっかえひっかえしている兄に、A子にだけは手を出すなと釘を指したくらい。

兄も初めはそんなつもりはなかったみたいなんだけど、初めて結婚を意識した女
の親御さんが
兄の身辺調査って言うの? をした結果、結婚に大反対され、婚約にも至らずご破算になった後
いつの間にかA子と付き合っていて、そのまま結婚に至った。

恋人期間は兄の浮気性もなりをひそめていたようだったし
私も、兄は本当に
根を入れ替えたのかもしれん、と思って、2人の結婚を祝福した。

ちなみに、A子のご両親も兄の調査をしたみたいだけど、付き合っている間は潔白だったそう。




1日1回クリックで応援お願いします。→
不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ 続きを読む

このページのトップヘ