スポンサーリンク

母は親の借金のカタに父と無理やり結婚させられたという気の毒な人で、しかも父はDⅤ浮気あたりまえの甲斐性なし

サレ児
この記事は約2分で読めます。

 

693: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金) 12:25:39 ID:of.03.L1

結婚記念日なので年寄りの昔話を書かせて。

今から約40年前、今の旦那を両親に合わせたら父(故人)に大反対された。
理由は
「公務員だから」
父は公務員を『税金ドロボー』と言って忌み嫌ってた。

「反対されようと結婚する」
と父と言い合ってたら、
DⅤ父にナ.グ.られ続けて無気力化してた母(現在八十代)が、
「私は愛のない結婚をして辛かったから、娘くらいは好きな人と暮らさせたい」
と、何年振りかに口を開いて味方してくれた。

母は親の借金のカタに父と無理やり結婚させられたという気の毒な人で、しかも父はDⅤ浮気あたりまえの甲斐性なし。
そんな母が『娘くらいは好きな人と』なんて言うからホロっとした。

父は対照的に口ポカーンと開けてたけれど、真っ赤になって怒りだした。
「愛情がないとかよく言えたな!!」
だって。

いや借金のカタで売り飛ばされたようなもんだし、DⅤ浮気稼ぎなしの夫に愛情持てる女いないでしょ…。
そう思ったから
「愛されてたと思ってたんだ(笑)」
と、つるっと言ってしまった。

父に張り飛ばされる私。
そして旦那にぶんナ.グ.られて吹っ飛ぶ父。
(『咄嗟に手が出た』と旦那談。以後一度も暴.力はふるってないです、念のため。)

ナ.グ.られて急にしおしおになった父に
「とにかく結婚するから」
と宣言し、母に
「いやになったらいつでも頼ってきて」
と言って実家を出た。

母は結局、家を出なかったけど、
2年後に父は飲み屋で脳出血を起こしてタヒんだ。
その後、母の鬱は少しずつよくなり、今も実家に一人で元気に住んでる。

父がタヒんで10年以上経って母から聞いたんだけど、父は『妻(母)が自分を愛してない』って事実がものすごく我慢ならなかったみたいで、あの一件以来、毎日のように
「おまえは俺がいなきゃ駄目だろうが!」
「俺に惚れとろうが!」
って言ってたらしい。

母はそのたび無視して工場に通い、父はそのうち帰ってこなくなって、ある日飲み屋から電話が…だったそうな。

父を哀れに思わないでもないけど、やっぱ神経わからんなーと思う。

サレ児
スポンサーリンク
Rakuten
Amazon
2ch浮気速報をフォローする
おすすめ記事
2ch浮気速報

コメント

タイトルとURLをコピーしました