スポンサーリンク

ほんとうにどうしてあんなの好きだったんだろう?自分の馬鹿さ加減に呆れるばかりです。まさにDQNとしか言いようのない男でした。

サレ女
この記事は約4分で読めます。

437: 1 ◆h5AsYjmtfw 2007/11/24(土) 17:24:44 ID:51vdZK9X0


これは私がまだ20歳になる前の話です。

当時高校を卒業してすぐに田舎からある地方都市に出て来て、
一人暮らしを始めたばかりでした。

ある日友人が近くの居シ酉屋で飲んでいるというので行ってみると、
そこには何人かの男女がいて、そのグループの中にいたのが彼Bです。
話しているうちに意気投合し、帰りに電話番号を交換しました。

それからすぐにちょくちょくBから電話がくるようになりましたが、
着信があるのはいつも夜中とか明け方近くで、
昼間に書け直してもいつも留守番電話が応答します。

何か変だなとは思いましたが、特に理由を聞いたりはしませんでした。

一ヶ月くらいたってから付合っているのかな?といった関係にはなったのですが、
相変わらず電話はおかしな時間にかかってくるし、
Bが住んでいる正確な住所もわからないままでした。

あえて聞くのも怖かったのと、Bが自分から友達と同居していて
聞き耳立てられるのが嫌で自宅では電話したくないとか、
仕事の都合でいつもそういう時間帯
(Bの仕事は夜の仕事でした。といっても水商売ではなかったのですが)になる、
と言っていたのでうやむやにしたままでした。

438: 2 ◆h5AsYjmtfw 2007/11/24(土) 17:25:33 ID:51vdZK9X0

そのまま3ヶ月くらいが過ぎて、二人で食事した後ぶらぶら歩いていると、
Bは突然自分にはずっと同棲している彼女がいるんだと言ってきました。
おかしな時間にしか電話できなかったのもそのせいだと。

そのときのことはハッキリ覚えていませんが、
すごくショックだったのと同時にやっぱりそうだったのか、と思ったことは覚えています。
私が言葉をなくしているとBは彼女とはもうずっとただの同居人同然だし、
借りているお金が少しあるのでそれを返したら別れるつもりだ
そしたら一緒に住もう、と一気に畳み込まれ、
すでにBに夢中になっていた私にはわかった、待つよ、としか言えませんでした。

彼女のことを私に話して気が楽になったのか、
Bは会うたびに彼女に対する愚痴をこぼすようになっていました。
彼女は嫉妬深く、何でもBのせいにしようとする、暗い、うっとうしい、一緒にいて重い等…。
それは同時に私を安心させるためでもあったのだと思います。

私は彼しか目に入っておらず、馬.鹿だったので
なんてひどい女とつきあっているのだ、Bはかわいそうだと本気で思っていました。アホです。
ひどいのは平気で二又をかけてたBと、平然と横恋慕し続けている私なのに。
それでも私はいつかBは彼女と別れて私の元へ来るに違いないと思っていました。

439: 3 ◆h5AsYjmtfw 2007/11/24(土) 17:26:28 ID:51vdZK9X0

彼は私の家に来るときは必ず事前に電話してきていたのですが、
いつも電話を切ってから15分くらいで玄関のチャイムが鳴っていました。

でも半年以上たったあるときから、その時間が5分ちょっとくらいに縮まりました。
ひっかかるものがありましたが、それがどうしてだったのかが分かるのは
それから2ヶ月後くらいのことです。

それからもう一つ同じ時期にひっかかる出来事がありました。
一緒にテレビを見ていたときのこと、そのときすごく人気のあった
(今でも活躍されてる人です)芸能人がトーク番組に出ており、
私は彼女の人気の理由がよくわからなかったので、何気なく
この子あんまかわいくないよね、なんで人気あるんだろう?
と言ったのです。

するとBは突然怒り始め、自分はこの芸能人が好きなのに、
お前はこいつの魅力がわからないなんてどうかしてる
と私を罵り始めました。

私はBが彼女を好きだなんて一度も聞いたことなかったし、
今までむしろまったく違うタイプの芸能人を絶賛していたし、
そもそもなぜそれくらいのことでそんなに怒るのか訳も分からず唖然としていました。
必タヒに謝りましたが結局その日はBは怒って帰って行きました。

440: 4 ◆h5AsYjmtfw 2007/11/24(土) 17:27:26 ID:51vdZK9X0

そういった気分屋の彼に振り回され、
一向に状況が変わろうとしない(彼女と別れてくれない)ことにも疲れ始め、
私はだんだん落ち込みがちになって、食べ物を買いに外出するのも億劫になってきました。
食欲不振と不眠でもともと痩せていたのに更に体重は激減し、
当時の私を知っている人は気持ちわるいぐらい病的に痩せてた、と言います。

店で一番小さなスカートを試着しても、辛うじて腰にひっかかるだけで
引っ張ればずり落ちてしまうほどでした。
Bは相変わらず気が向いたときにだけ私の家に来て、
気に入らないことがあるとすぐに私のせいにして帰ってしまうといったかんじでした。

Bのことをしょうもない男だ、と思いつつも
好きで別れることのできない自分にも嫌気がさしてきて
自分自身にも自信がなくなり、親にも心配をかけ、苦しい毎日でした。
そういう状態のまま1ヶ月ほど経ち、このままではいけない、自分がダメになってしまうと思い、
心を奮い立たせて久しぶりに休日の昼間から外出することにしました。

その頃にはほとんど夜にコンビニにいく程度しか外出できなくなっていたので、
私にはとても大きな決心でした。
今日はお気に入りの古着屋さんに行って、それからスーパーで買い物してちゃんとしたものを食べよう、
そうおもって自転車をこいでいると前方に見覚えのある人影が見えました。

まさかと目を凝らすとやはりBです。
Bは私には気づかず、嬉しそうにコチラに向かって歩いてきます。
私の知っている女の子と手をつないで。

サレ女
スポンサーリンク
Rakuten
Amazon
2ch浮気速報をフォローする
おすすめ記事
2ch浮気速報

コメント

  1. 名無し@2ch浮気速報 より:

    自分がクズカスゴミだから同類のクズカスゴミに惹かれるんだよ。
    普通のやつはそんなやつに一瞬でも惹かれないからね。
    うわ!バカがいる!近づいたら伝染るから離れよう!だから。

タイトルとURLをコピーしました