スポンサーリンク

【復讐】毎年その祭りの期間を狙って招かれざる客が家に襲来する。祖母の叔母(90近く。ババァとする)と その息子(つまり祖母のイトコ、60過ぎ。マザコソ)。

復讐
この記事は約3分で読めます。



60: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2014/09/30(火) 09:06:38 ID:gThWb3VeI



携帯からで失礼、改行変だったら申し訳ないです。


俺の従姉妹のGJ話。

俺の叔母(父の妹)は、旦那の不倫で
娘(俺の従姉妹)たちが10歳と6歳の時に離婚して
母子3人で実家(俺の祖父母の家)に戻り、
家族のために働きながら、苦労はしていたようだが
祖父が財産持ちだったこともあり、
それなりに幸せに暮らしていた。


従姉妹の上の子(A)と下の子(B)は二人とも母に似て
とても優しい良い子で、Aと俺と俺の妹は年が近かったこともあり
夏休みなんかにはよく遊んだし、
みんなで小さかったBの面倒をみたりなんかもして、4人仲の良いいとこ同士だった。



ABの住んでいた町は、夏になると三日間のわりと大きな祭りがある。
普段は寂れた町だけど、その三日間は都会に出ていった人もたくさん帰ってきて、
町全体が活気づいて本当に盛り上がるんだ。

けど、毎年その祭りの期間を狙って招かれざる客がABの家に襲来する。
それはもう他に身寄りがなくなった、祖母の叔母(90近く。ババァとする)と
その息子(つまり祖母のイトコ、60過ぎ。マザコソ)。

毎年毎年、ババァの突然の思いつきに逆らわない独身のマザコソの運転で
3時間以上かけてやってきて、AB家に到着する数十分前に
「今から行くから」と連絡を寄こし、夕食の時間まで居座る。

祖母がいくら事前に連絡をしてほしいと言っても聞かない。

ババァの「今年が最後かもしれないから」という言葉を聞くと、
祖母も強くは言えないらしい。
せめて当日の朝にでも連絡があったなら調整もできそうなものだが、
この非常識親子のせいで祖母は毎年楽しみにしている御神輿の行列を
見られなくてしょんぼりしていることも何度かあったし、

祭日でせっかく仕事が休みなのに客人のもてなしで
忙しくしていてかわいそうだと、

家族想いのAは小学生の時から腹を立てていた。

ババァがちょっとおかしいのはおボケになっているせいだと、
家族みんなまあしょうがないかくらいに考えていたが、
このマザコソ息子は本当におかしかった。

挨拶はまともにできないし、ババァを連れてきておいて
自分はろくに話もせず態度も悪く、出されたお茶菓子を貪り食う、
突然姿を消したかと思えばパチ○コへ行っていた…など。

それでも自分のイトコの旦那(俺の祖父ね)のことは怖いらしく、
祖父の前ではおかしな言動も半分くらいになった。
さらにAが中学生になると、トイレに行くふりをして
Aの部屋に入ろうとすることが何度かあった
(毎回家族の誰かが気が付いて阻止、厳重注意)。

そんなことがあったもんだからAはマザコソ息子のことが大嫌いだった。

ちなみにBは、Aが「わたしの影響で嫌いになったりしたら良くない」と言って
気をつけていたようだが、幼いながらにマザコソの異常○を察知して
見事にアンチマザコソだった。笑

Aが高校2年の夏休み、祭りがあるので俺一家がAB家に招かれた。
都合がついた俺と俺の父でAB家に行くと、
申し訳なさそうな顔の叔母が出迎えてくれて、
「あの人たちが来ることになっちゃって、ちょっとバタバタしてるけど…」
ということだったので、もてなしを手伝うということでお邪魔した。

まもなくして到着した非常識親子。

AB姉妹は揃って仏頂面だったが一応挨拶をするため居間に出てきていた。
今回もやはりろくに挨拶をしないマザコソに、
二人して顔をしかめていたのを見て笑いそうになったw
祖父は祭りの実行委員みたいなのの仕事があって、この日は家にいなかった。

それでマザコソは調子に乗ったんだろうな、
祖母がキッチンに引っ込んだ隙に、
お菓子を準備してる叔母に向かって暴.言.を吐いた。

「あんた、まだここに厄介になってるのか。仕事はどうした、
あんたみたいなにバツが付いた女に売れるものなんてひとつだろう」
というふうに、耳を塞ぎたくなるような内容で、

俺も俺の父も呆気にとられてしまった。

 

復讐
スポンサーリンク
Rakuten
Amazon
2ch浮気速報をフォローする
おすすめ記事
2ch浮気速報

コメント

タイトルとURLをコピーしました