スポンサーリンク

【復讐】ベビーカーが 挟まれ慌てて扉から離れたら、また閉ボタンを連打されて 閉まった扉越しにニヤニヤされた

復讐
この記事は約4分で読めます。


410: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/16 (金) 19:10:02.29 ID:iBeGdsdm


個人的には連携プレーの武勇伝だったのでカキコ。
携帯&長文&改行おかしかったらスマソ。

当方女。
母とベビーカーに乗った息子と駅でエレベーターに乗ろうとしたら、
先に乗っていたカップルの男に閉ボタンを連打され、ベビーカーが
挟まれ慌てて扉から離れたら、また閉ボタンを連打されて
閉まった扉越しにニヤニヤされた。

それを見た母がすごい速度で階段を駆け上りDQN達を追いかけたので、
私も後からホームへ向かい言い争ってる母の元に近づくと、
待ってましたと言わんばかりにDQN達がニヤニヤしながら
母や私の容姿などをボロカスに言われた。


終いには息子が障害者の顔だと言い出し、親子揃ってタヒねばいいのにとか
言われたのでナグろうかと思ったら、近くで電車待ちをしていた車椅子の
お兄さんと付き添いの彼女さんが
「エレベーターはベビーカーが優先って貼り紙見てないの?
エスカレーター使いなよ」と援護射撃してくれた。

それを聞いたDQN男「じゃあお前らがエスカレーター使えよ!
あ、障害者は乗れないんだっけ?ニヤニヤ」
DQN女も「障害者って社会のゴミだよね」と加勢。
お兄さんも怒りでプルプルしてた。

ここで駅員さんが来て(車椅子の方が電車に乗る為の補助板を持ってた)
母が事情を話すと軽くDQN達に注意してくれたが、DQN達が逆ギレして、今度は駅員さんを罵倒。
駅員なんてオタクの職業だろ、キモいんだよ!とか。でも駅員さんは華麗にスルー。
DQN達と母、お兄さんがバトルしてる後ろでヒッソリ怒りが限界にきてた私は、
そろそろナグろうかなって思ってた時にふとDQN達の手元を見たら、
大学名が入ったバッグ(ビニール製の教科書入れみたいなの)を発見。
母の背中に隠れてググったら、なんと福祉系大学。


息子がぐずり始めたのをキッカケに、ホームの一番端(DQN達の後ろ側)へ
息子をあやしに移動した。
すれ違いざまにDQN女に逃げんなブス!って言われたけど気にしない。

だってここからは私のターン…なんて思えるはずもなく、
怒りで震えながら電話をかけた。


412: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/16 (金) 19:25:51.45 ID:iBeGdsdm

大学の事務員さんに事情を説明したけど「本当にうちの学生ですか?」とか
言い出したので、ベビーカーを安全な場所に移動してからダッシュで
後ろからDQN女の教科書バッグを引ったくり、ベビーカーまで逃げた。
追いかけてくると思ってたけど、母と駅員さんがブロックしてくれた。

バッグを漁って教科書に書いてあった名前と学籍番号を伝え、その子の
彼氏もいます。御宅の学生みたいですよ。と言うと
調べますのでしばらくお待ちください。と保留された。

かなり待たされた後、DQN達のゼミの教授と代わってもらい、
教授からもう一度事情を説明すると本人達と話したいと言うので、
ハンズフリーでDQN達に近付き、バッグを女に投げつけて電話を
印籠の様に見せつけた。

DQN女「ウチの鞄取ったくせにK察に電話してんじゃねえよ!」
DQN男「俺達、犯罪はしてねえからK察介入できないし。さすが障害者(・∀・)ニヤニヤ」
教授「○大学の○です。話は聞いてますよ」

後はお決まりのDQN達顔真っ青→必タヒに言い訳。
教授とは後日学校で再度話し合いって事で、連絡先を交換して電話を切ったんだけど、
その後もDQN達から罵られた。

ここで、お兄さんの彼女さん(それまで空気だった)が
「この会話全部録音してるからね」と一言。
DQN達また顔真っ青。

逃げるように改札に向かってた。

私達は連絡先を交換して、駅員さんに謝罪をして解散。

 

413: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/16 (金) 19:34:47.52 ID:iBeGdsdm

改行多いとか、文字多すぎとか、書き込みって大変なんだね。
下書きも消えて泣きそう。

後日、駅員さんと息子以外の当事者全員とDQN両親、教授と大学の
偉い人が集まって話し合い。
彼女さんがCD-Rにしてくれた証拠データを全員で聞き、事情聴取。

すると偉い人が退出し、その間教授がDQN達に説教。
DQN達と何故かそいつらの両親もすっごく言い訳してたけど、教授が論破してたw
思わず笑いそうになったら、母に睨まれて足踏まれた。

復讐
スポンサーリンク
Rakuten
Amazon
2ch浮気速報をフォローする
おすすめ記事
2ch浮気速報

コメント

タイトルとURLをコピーしました