org


425: 恋人は名無しさん 2009/04/27(月) 20:19:36 ID:Qn4QqGEJ0

修羅場かどうか微妙ですが暇なので投下
自分=17♂高校生 
彼女=22♀派遣

付き合い始めて1年半がすぎた頃彼女の浮気現場を目撃
その後一週間の独自調査により
・浮気相手は彼女の派遣先の社員さん
・次の密会は二日後
ということが判明
その頃には浮気された悲しみ消えてこれから起こる(起こす)事にワクワクしていました





「スポンサーリンク」




一日準備をして迎えた密会の夜
学校の演劇部からもらった「怪盗メロンティーヌ」の衣装を身にまとい、買ったばかりの原付にまたがって颯爽と彼女の自宅マンションへ
本来なら「屋根に登ってロープを使い窓をバリーン!とやってかっこよく登場」するはずだったのに
衣装の装飾が邪魔で屋根に登れず普通に玄関から行くことに

幸い鍵は開いていたので勢い良く部屋に突入すると真っネ果の二人がバック突き体制でつながったままこっちみんな状態
そこでポーズを決めて
「フッハハハハハハハハハ!!私の大切な宝石を可愛がってくれているようだな!だが返してもらおう!!!」
と言い放ち(決まった!)と自己満足
そして全ネ果の彼女を担ぎ上げて原付では帰れないので家までダッシュしました
(その間彼女は何ごとかわめいていましたが)

親は仕事で家にいないので部屋に上げてジャージを渡して
「とりあえず着なよ」
と風呂場に閉じ込めました

その間に自分も着替えて出てきた彼女にホットカルピスを差し出しながら
「じゃ、別れよっか」
と告げました

ホットカルピスを飲んで彼女を自宅に送り届けて(終始無言、社員さんがまだ居たかは不明)そのまま原付で帰宅

常時アドレナリンが出てて高揚感いっぱいで怪盗ごっこ中はすっごい楽しかったのに
帰る時は鬱状態でこのまま壁に突っ込んでタヒのうかとも思いましたが怖かったのでやめました

ちなみに去年おきたことです





「スポンサーリンク」