org
  【1/4】  2020/02/20 21:00 公開

  【2/4】  2020/02/20 21:30 公開

  【3/4】  2020/02/20 22:00 公開

  【4/4】  2020/02/20 22:30 公開




689: 離婚さんいらっしゃい 投稿日:2013/11/03 (日) 20:10:57.53

その後の残務というか、事後処理は概ね以下のようなものだった。

離婚した後すぐに引っ越したかったのだが、荷物の整理や俺自身の仕事の都合もあって、
一ヶ月以上経ってから部屋を引き払い、会社に近いところのアパートに移った。
俺の荷物は良いのだが、元嫁の荷物の処理には時間が掛かった。

元嫁から財産分与を一切要求しないという内容の公正証書を受け取っていたが、
元嫁は向こうの弁護士から荷物などについて
「これが発効した時点でアナタには権利がありません」と言われたという。

しかし服などは俺が持っていても仕方ないし、元嫁も何もなしというわけにも
行かないだろうから、要るものが有るなら勝手に持って行ってくれと言ったが、
弁護士からは相当キツく言われたらしく、健康保険証などの書類以外は一切ダメだとか。

法的には当然の事らしいのだけど、正直迷惑に思えた。
他の似たような条件で離婚した人の場合もそんな感じなのだろうか。

服や身の回りのものはどうするのか元嫁に聞いたら、実家から多少持ち出した以外は、
すべて間男が用意するような話だった。
へえ、そういうことかと思い、それ以上は聞かなかった。
結局、服や食器、いろんな小物などを箱に詰めてリサイクルショップに持ち込み、
引き取ってもらった。殆どタダ同然。

タンスとかの家具も同じところに持って行った。
店から「取りに行きます」と言われたけど、やっぱり、ちょっとイヤで、
小さいトラックを借りて自分で店に運び込んだ。
全部あわせて一万円くらい。

俺自身が使えば良いのだろうけど、「結婚記念」にと知り合いがくれた物だったりして、
贈ってくれた人には申し訳ないなと思ったが、手放した。
元嫁の衣類でも、小物とか下着は全部まとめて捨てた。
その類いの店ならそれなりに買い取ってくれるのかも知れないけど、
そういうところに持ち込む勇気はなかった。

ちょっと辛かったのは、あちこち旅行に行ったとき記念に買ったもの、
あるいは知人から貰った土産物で、小さいものばかりだったが結構な量があって、
暫く眺めたりもしたが、結局全部袋につめて捨てた。

携帯電話は、元嫁の分だけ契約解除。
本体を置いて行ったので、店に行ってそれを返却し、15分くらいの手続き。
郵便局で郵便物の転送手続きも大体同じくらいの時間。

電気・ガス・水道・新聞などは大家さんに手続きを任せた。
元嫁は部屋の鍵も置いて行った。
大家さんに離婚した旨を話したら、ビックリしたようで「信じられない」とか言っていたが、
特に詳しい話はせずに失礼した。
慰謝料は二回に分けて振り込まれた。
何故二回なのかは知らない。
一括で払うのはキツかったのか。

相手の会社から寄こした「迷惑料」というのは、こちらの顧問弁護士が
話を出したわけではなく、向こうの判断で出した金だそうで、
受け取って問題ない金なのかどうかを顧問弁護士に確認してもらった。

慰謝料と同種の金で税金は掛からないが、念のため申告したほうが良いと言われた。
会社が用意した文言で申告書を書いたが税務署からは特に何も言ってこなかった。
生命保険は条件などを変更し、万一の際の保険金の受取人は姉にした。
あまり良い顔はしなかったけど。

離婚したあとは、精神的に参っていて、周囲の人間も気遣ってくれたが、
詳しい経緯を知っているのは上司と総務の人間だけで、他には伝えなかった。

家に帰って一人で寝ていると、元嫁と間男がセットで夢に出てくるので
寝ているどころではなく、余計に疲れる感じだった。
不況に加え、リーマンショックのあおりで会社は大変な事になっていて、末端管理職の俺は
週に何度か会社に泊り込んだりして、その点では気が紛れて良かったのかも知れない。

二人のいた会社は今も取引があるが、俺は直接関わる立場にないので、
向こうの会社でどう受け取られているのかは詳しく分からない。
少なくともこちらの関係者に対しては殆ど話題にしないのだろうと思う。



「スポンサーリンク」



690: 離婚さんいらっしゃい 投稿日:2013/11/03 (日) 20:12:50.68

八月に元嫁に会ってから、その後は一度も顔を合わせたことはない。

会ったのは入院している知り合いの見舞いに行った帰りで、普段は降りない駅の近くだった。
いつもならクルマで行くのだけど、その日はたまたま電車で行った。
たぶんそのあたりに住んでいるのだろうと思う。

元嫁に会ったとき、着ていた服をワンピースと書いたのだけど、服の種類のことは疎くて、
正確になんと言うのか分からないが、背中が腰の近くまで見えるドレスという感じで、
下着とかも無いタイプ。

もう日が暮れていたのだけど、子供連れで誰とは分からず
「あのお母さん、すごい大胆な服着てるな」と目が行ってしまった。
もう36だし、子供もいる女性がそういうのを着てても不思議ではないのだろうけど、
「変わった」「変えられた」と感じた。

家族のことは確かに見た目では分からないと思うが、
こうして家族四人で歩いているのだから不幸ではないんだろう。
自分と比較したところで意味ないのは分かっているし、もう引きずりたくはない。

もしまた会うことがあっても、声は掛けないつもり。

ここで他の人の書き込みにある「心の整理」というのは、俺にとっては
「新しい人との新しい生活」なくしては成り立たないように考えている。
ハッキリ言ってしまうと、元嫁のこと、離婚の際のゴタゴタを忘れることは出来ない。
たぶんタヒぬまで忘れないと思う。

ただ自分の中で全て封印して、次に行けたら良いと思っている。
違うと言われるかも知れないけど、俺にとっては「封印」と「心の整理」は同義語といって良い。

もし新しい女性と出会えたら、それは元嫁の代わりではない
「やり直したい」のではない。
新たにゼロから、最初から「始めたい」。

相手に俺の離婚歴を話すのは当然として、元嫁のことは、
聞かれれば話さないといけないと思うが、自分からは話したくない。
今まで話したことはないし、強引にでも封印して整理しないと始まらないんじゃないかと思う。

ま、もちろん相手がいれば…の話だけれども。

どなたかが書いていたが「仕事に生きる」というのも悪くないと思っている。

今の世の中、先行きは分からないし、不安は多いが、自分自身に折り合いをつけていけば、
まぁそれなりの人生が或るのかも知れない。

とりあえず、この辺にしておこうと思います。


691: 離婚さんいらっしゃい 投稿日:2013/11/03 (日) 20:23:44.08

昔、森瑤子さんのエッセイを読んだけど、
お互いに略奪婚で旦那さんや奥さんを捨てて別れてヨットで旅をしている夫婦がいて
彼女が今は幸せかと聞いたら「全く幸せではない」って答えたって書いてあったよ

職場だと既婚者のほうが余裕があるように見えて、男も女も数倍良く見えるのだろうと思う
だからこそ幻想のまま置いておいた方が幸せなんだろうなと私はそう思っているんだけど

恋愛や結婚した人ならわかるけれども、付き合ってそういう関係があると
幻想も無くなってあとは現実が残るのみ。そういう中にものすごく傷つけてはならない人を
傷つけたという過去があれば、本当の幸せとはものすごい遠いものであると思う

本当は加害者がものすごく辛いもので、多くの人が体験しない方が良い事だろうと思う
(良心のある人の場合で、そうでない人の場合は除く)
まだ被害者のほうに私は救いはあるのではないかと思う事がある

692: 離婚さんいらっしゃい 投稿日:2013/11/03 (日) 20:28:06.97

しかも彼女の場合は相手は独身だったのだから、更に苦しみはあるだろうと思う
時々男でも女はずっとキレイにしていなければならないなんて言う男がいるけれども、
ズボラでいられる主婦ほど幸せ者はいないと思う事がある

36才でそういう恰好をしてキレイに見える事が本当に幸せなのかというと、
自分はものすごくそういう道を選んでしまった元奥さんにものすごい苦しみを正直感じる

そういう形で相手を捨てた経験というのは、自分の中にも恐怖を植えつけるものだろうと思う

相手を許して、自分の道を進む事が一番良いだろうと思う






699: 離婚さんいらっしゃい:2013/11/03 (日) 21:28:41.44

>>688 
以前の手記読んでからずっと気になってましたが、元気そうでよかったです。

それにしても、背中の開いたドレスってまるでハリウッドスター。

話を読むと、元嫁さん、悪い男に免疫なくて、クラクラいっちゃった印象かな。
派手な服装も、手練手管に長けた間男を自分に引き付けておくための手段なのかも。
だって1歳と3歳の母親って、普通なら髪振り乱して育児していて自分に構ってる暇ないもの…。
なんだか間男家族も一概には幸せそうな家族とも思えなくなってしまったなー。


704: 離婚さんいらっしゃい:2013/11/03 (日) 22:04:25.17

どっちの趣味かわからないけど
相当女としての自信がついたのかなぁ
女にされちゃったんだろうなw悪く言うと
勘違いしちゃってるとも言えるけど


708: 離婚さんいらっしゃい:2013/11/04 (月) 01:16:53.43

間男が行動力実行力のある男だとわかっているからこそ浮気対策は大変だろうけど
女としてきれいに自分を保つ理由になるなら幸せなんじゃないかな
大目に見られて愛されるのも良いだろうけど裏で手を抜いたせいで女扱いされずに 浮気されまくりなんてこともあるし

前に戻って読み返してみようかな
今回の報告から女目線でも色々感じるし
たぶんそういうものも今後の参考になるのかなと思うのでw


738: 離婚さんいらっしゃい:2013/11/04 (月) 20:37:10.68

>>688の文からかなり元気になったんだと今改めて感じたので遠慮なくw
さてどこからいきますか?って感じなんですがw

読んだ感じを素直に私なりに感想を言うと
間男と会った最初からもうですねきっと最初は上司で自分は既婚だからこれから何かが始まるなんて考えていないから
「素直に面白い人なんだよー」と言っていたんだろうと
たぶんだけど今までこういうタイプと自分は縁がない相手にされないと思っていたような間男に
他の女子社員とは一線を置かれながら口説かれて
目の前に白馬の王子様のような間男が現れて女として嬉しくてたまらなくて・・・
この言葉がよくそれを表わしてると思う
「他に若くてカワイイ女の子いくらでもいるのに」←これポイント
女心の表れで「なのに自分を?」という優越感を指激されてるから出る言葉!
自分に既婚の私に来てくれる間男に自分の女の価値と魅力を自分で再確認しちゃってもっともっと夢中に・・・

きっと最初は「自分は既婚なんですよ?」とか「そんなこと言ってー何も出ませんよ」みたいに対応してたけど
そのうち自分からも「間男のこと嫌いじゃないですよ素敵だと思ってます」とか「もっと相応しい子がいますよ(謙遜のフリw)」なんて言いつつ
相手を喜ばせるような言葉を吐いていたから残業でキ.ス.する隙まで与えて間男に自信付けさせ持って行き
自分の持っている男に使うスキル総出で間男を元嫁もその気にさせ
恋に落ちたというよりその気にさせつつ間男の出方みつつ自分の位置守りつつ夢中になりつつ
ここまで書いてふと688とのなれそめも知りたくなってきたw
とりあえずここまでw


760: 離婚さんいらっしゃい:2013/11/04 (月) 23:57:15.60

>>691 >>692

何と言うか、感じ入る言葉を頂いた気がする。

>相手を許して、自分の道を進む事が一番良いだろうと思う

自分がそう考えることの出来る人間であれば良いなと思う。


>>738
かなり元気になったというより、「あーもーイイから好きにしてくんな」という感じで書いたので、ツッコミどころは多いかと思う。

指摘してくれることの鋭さには、ただただ目を見張るばかり。

バカだと思われるだろうが、ここに来るまで元嫁が俺に話した言葉や経緯を額面どおりに受け取っていて、そこまで深読みしなかった。

>「他に若くてカワイイ女の子いくらでもいるのに」←これポイント

↑この言葉は元嫁とは別に、俺自身も思った。
狙う相手が違うだろうと。
しかし元嫁にとって優越感を指激されてるから出てきた言葉とは考えてもいなかった。

しかし「口説かれて嬉しかった」と言っていたのだから、相手にとっては「脈がある」、そのまま解釈を拡げれば「誘っている」ということに繋がっていくということなのか。

逆に俺は「何か弱味でも握られてるんじゃないのか」なんて見当違いも甚だしい考えを捨て切れなくて、それが引きずってしまう原因になってたところもある。

もしこういう見方に基づいた深読みが五年前に出来ていたら、まぁ、離婚という結果に変わりはなかったのだろうと思うけれど、今に至る五年間は少なからず違ったものなっていたかも知れないと思う。

ちなみに元嫁との馴れ初めは、詳しくは書けないけど、仕事の絡みで、出会ってから一年半で結婚した。第一印象は「目がデカいな」。
まぁ可愛かった。年齢より若く見えた、というか子供っぽく見えるところもあった。

ただ…言われるほど器用だったとは思えなかった。
それも俺の見る目のなさなんだろうけれど。

俺自身は他に女性経験というのは、就職して二年目くらいに付き合ってた人がいて、他はなし。白状してしまうと、年上だった。
なぜ続かなかったかというと、言いたくはないけど俺の姉が介入してグチャグチャにした。


772: 離婚さんいらっしゃい:2013/11/05 (火) 20:10:58.09

>>760
適当に流してもらうのとあまり意味がないかなと思うけど空気あまり読まず
かさぶたはがしまくりたいそうなのでwこっちも書いたりしようかなとw
あくまで私の視点なので女性の総意ではないからその辺甘く見てもらえばと面白くもたぶんないのと重複もしてるw
2ちゃんでまさかのメモ帳を使ってしまったしw

> 「他に若くてカワイイ女の子いくらでもいるのに」

夫側からすると単純に「狙う相手が違うだろ」ですよね
今回は後から聞いた状態だと思うけど
もし恋人や夫に言ってきた場合あくまで例えですけど
本当に何も思っていないから相手のことを「馬.鹿よねw」と思って雑談の一つで言う場合や
自分を狙ってくるなんて「私ってまだ魅力あるんだねあるんだよっ」て思って言ってたりする場合と
ただ無邪気に言ってるだけの素直でバカな人の場合などがあって普通は何も言わないのが普通w
私ならやましい気持ちがなくても絶対言わない
あえて言ってきたら真意を掴むことが大事かも知れませんw

> しかし「口説かれて嬉しかった」と言っていたのだから、相手にとっては「脈がある」、そのまま解釈を拡げれば「誘っている」ということに繋がっていくということなのか。

口説かれて嬉しかったというのは「悪い気はしない人だしタイプだった」「好きになる要素が大の人」「好きになってきていた好きだった実は一目惚れしてただった」と言うことですよね
すてきな人~いいな~嬉しいなと思っているから嫌がらず嫌な反応もせず間男に「脈あり」と伝わり
元嫁としては「誘ってる」まではいかないと思うけど反応も悪くなく気持ちを自分に向けて来てくれていて両想いになれそうで
間男は落とせて自分のものになると思ったでしょうね

> 逆に俺は「何か弱味でも握られてるんじゃないのか」なんて見当違いも甚だしい考えを捨て切れなくて、それが引きずってしまう原因になってたところもある。

これ面白いですよねw男の人特有なんですかね
心の根底に「相手の男が悪いだけ」「運が悪かった」「元嫁は悪くない元嫁を信じたい元嫁はそんなことしない元嫁は騙されただけ」「自分の女を見る目が間違っていた訳じゃない?それを認めたくない?」
というような裏返しの心理なんですかね
女はたぶんこういう風には一瞬しか思わないし五年も思えないので

入らなかったので次に続きます


773: 離婚さんいらっしゃい:2013/11/05 (火) 20:14:21.30

>>760 続き

>ちなみに元嫁との馴れ初めは、詳しくは書けないけど、仕事の絡みで、出会ってから一年半で結婚した。第一印象は「目がデカいな」。まぁ可愛かった。年齢より若く見えた、というか子供っぽく見えるところもあった。

やはり顔のかわいい人だったんですね
そして子供のような素直そうで無邪気な感じで男に逆らわないような賢い人で
「目が大きい子」と聞いて勝手にチョウヤ梅シ酉のCMのきたのきいが浮かんでw←あくまでイメージ
間男がこれから子供も産めて家族を作る前提で既婚を奪いに来たと思うと やはりそれなりに魅力がないととは思ってましたw

きっと766のなれそめや結婚までの道をここで詳しく聞いて解析分析したら同じように当たり前ですけど
女のテクニックを普通にいくつも上げられると思いますよw
基本独身でも既婚でもたぶんそう変わりはなく既婚になると経験から活用が上手くなってるだけだと思います

> ただ…言われるほど器用だったとは思えなかった。それも俺の見る目のなさなんだろうけれど。

この程度は器用というより社交辞令のちょっと上くらいの女の能力を使えばかなとw
自分から行かなくても口説きに上手く乗って好意のある振りや言葉なりを返していれば
事は回って動いていきますよね
もちろん気持ちあってのことですけど女って脳の脳梁が太いだけあってその辺みんな上手くできるんだと思います
もちろん上級者とかテクニックのランクはあって上手い下手はあると思う

> 俺自身は他に女性経験というのは、就職して二年目くらいに付き合ってた人がいて、他はなし。白状してしまうと、年上だった。なぜ続かなかったかというと、言いたくはないけど俺の姉が介入してグチャグチャにした。

間男はきっと数こなしてて女にも慣れてて気持ちを掴むのも真意掴むのも上手かったんでしょうね
760さんは真面目で誠実な人で一途な悪く言うと不器用な一般的な普通の男の人で
それでも国立出だしスペックはけして低くないと思います

お姉さんから見ると年上だけじゃなくこの女性はダメだという何かがあったんでしょうね
でも元嫁に対しては見抜けなかったのが残念でしたね
元嫁はお姉さんが怖いとわかっていたのに

それと余談ですけど「~くんな」って近畿の方の方言なんですね
近畿の方なんですかねw


780: 離婚さんいらっしゃい:2013/11/06 (水) 01:03:13.86

>>772

鋭い分析コメント拝読。ホントに鋭い、鋭過ぎてコワイ。もしかして>>238に書いてくれた人でしょうか。

>私ならやましい気持ちがなくても絶対言わない
>あえて言ってきたら真意を掴むことが大事かも知れませんw

間男に関しては、元嫁の上司になったときに、その話を聞いただけで、その後特に話題になった記憶がないが、仮に何か言っていても気に留めてなかったかも知れない。

また鈍感さをさらしてしまうけれど、どうも俺はそういう深読みが苦手で、そのまんま受け止めてしまう単純さがある。

自分ではその単純さを悪いとは思っていなかったのだが、40歳にもなって、おまけにこういう経験すると、少なくとも単純さは良いものではないなと痛感。

>心の根底に「相手の男が悪いだけ」「運が悪かった」「元嫁は悪くない元嫁を信じたい元嫁はそんなことしない元嫁は騙されただけ」「自分の女を見る目が間違っていた訳じゃない?それを認めたくない?」
というような裏返しの心理なんですかね

そう考えてもらって間違いないかと思う。

どこの国の言葉だったか忘れてしまったが、20代の頃に「夫の浮気は妻が悪い。妻の浮気は言い寄ってくる男が悪い」なんて話を聞かされたことがあって、そーかー、そういうもんなのかー、なんて頭に刷り込んでいたし。
さすがに今はそういう考えに与することは出来なくなったし、多少は学習した。活かされることがあれば良いけど。

>きっと766のなれそめや結婚までの道をここで詳しく聞いて解析分析したら同じように当たり前ですけど
>女のテクニックを普通にいくつも上げられると思いますよw

恐ろしい。恐ろしくてとても書けない。

北乃きいの画像を見たけど、こんなシャープな感じではなかった。

元妻の友達(女性)が遊びに来たことがあったが、元嫁のことを「こいつ昔からボーっとしてるから大変でしょ」と言っていた。当たっていると思った。
それを聞いて、人間の本質は、そうそう変わらんもんなんだな、なんて考えてしまったりしたが、今思うとズレまくっている。

姉は性格が強力だけど、見る目があるのかどうかは良く分からない。どちらかといえば姉弟そろって単純。義兄は我慢強いなと思う。

「…してくんな」というのは○き父の口癖で、いつの間にか俺にうつっていた。父は中部地方の出身で、親戚も似たような言葉を使っていた。

近畿には縁がなくて、そちらでも「…してくんな」というのは知らなかった。


786: 離婚さんいらっしゃい:2013/11/06 (水) 20:01:59.83

>>780
すみません半端感があるのでレスします 不快な方はスルーしてください

>ホントに鋭い、鋭過ぎてコワイ。

怖がられてしまったみたいですみませんw
鋭いと言われてしまったけど残念ながら女性の見方はみんなこんな感じでごく普通の見方でここに書いた事もありきたり過ぎて
当たり前過ぎて特別なことは何もないです
ネットでもリアルでもわざわざ言ったりすることも普通はしないですね
だからと言ってリアルで女性として能力が高いかというとそれはまた別でもっと女力スキルがないと男女関係はダメなんですねw

>もしかして>>238に書いてくれた人でしょうか。

ばれてる!ばれてる!ばれた!コワイ!! 鋭いじゃないですか!沢山のレスからよく見抜きましたねすごいw
切り口が特徴的だったので印象に残ってしまったんでしょうねw
あのレスはファミレスで元嫁の気持ちを自分に置き換えて考えたらこう思ったかもと勝手に思って書いてしまったもので
実際は間男に行くと覚悟決めている以上ああいう気持ちになる心理より早く先に進みたい早くスッキリ前を向きたいと思う女性の方がきっと多く
もっとドライであのような感情になる人の方がごく少数でもしかしたらいないのかも知れません
実際元嫁がそう思ったかわかりませんし

> また鈍感さをさらしてしまうけれど、どうも俺はそういう深読みが苦手で、そのまんま受け止めてしまう単純さがある。
> 自分ではその単純さを悪いとは思っていなかったのだが、40歳にもなって、おまけにこういう経験すると、少なくとも単純さは良いものではないなと痛感。

今回こういう経験をして思うところがあるでしょうが男の人は良くも悪くも単純の方が良いです
女の様に深読みなんてしてたら人間不信にきっとなってしまいます

> 女のテクニックを普通にいくつも上げられると思いますよw
> 恐ろしい。恐ろしくてとても書けない。

女ってそういう生き物なんですw申し訳ないですw

標準語の地域の生まれ育ちなので方言に敏感なんですが「…してくんな」という方言かわいいですよねw


787: 離婚さんいらっしゃい:2013/11/06 (水) 20:04:24.73

一気にと思うのでレスします
不快な方はすみませんスルーして下さい

>>688
少し戻るけど>>738で最初から元嫁が間男に惹かれていただろうと書いたけどその根拠は
「「何かちょっと変わってるけど面白い人なんだよー」と言っていたのを覚えている。」
額面通りに受け取ることもできるけどここで既に好印象を持っていることがわかるし好意に変わる芽を感じられるから
何かちょっと変わってる←たぶんその時点ではみんなや既婚の私にも口説くような言葉を言ってくる変わった人(好意的に受けとめてる)
そんなことをする新しい上司で楽しいしすてきな→「面白い人なんだよー」

一日のうち間男は元嫁と二人きりになる時間が毎日一回あったというのは仕事上とはいえ災難でしたね
「セク八ラぎりぎり」←相当際どい言葉を言われたんでしょうけど嬉しかったんでしょうねスタイルのこととか諸々
「ヘンな人」←これは上記の通り既婚の私にアタックしてくる変わった人ですかね
「ドキドキ感」を味わいたい気持ちが抑えられず←もう好きになってますしw嵌ってますw
年上で余裕のある大人の男の間男に心からうっとりするようなお姫様気分を満喫させてもらえて口説かれ恋に落ちたんだろうなと

>元嫁は俺に対しては「言えない」「絶対に秘密にしなきゃいけない」「悪い女にはなりたくない」と思ったというが
本当に一線を越えてしまってからも「終わらせなきゃいけない」と思っていたというが、間男を拒絶することは出来なくて、どんどん時間が過ぎ、一年近く経ってしまったと。
そして、その間にこれが運命かもしれないと思えるようになってきたと言うが、おそらそう思い込ませるものがあったのだろう。言いたくないけど、関係とか。
お盆の墓参りに行ったときも「もうヤメなきゃ」「今からでも」という思いだったそうだが、翌日、間男に「今日行って全部話す」と言われてタヒにそうな気分だったという。
多分に自己弁護も含んでいるのだろうとは思うが、元嫁が話すぶんには、流れはそんな感じだったらしい。
色んな意味で、元嫁は弱かったんだろうと思う。弱いのも問題あるってことだね

ここでも色んな見方があって自ら目を付けて落としに行ったのでは?という見方もあるけど自分はそんな気もあんまりしなくて
始まりは元嫁の言葉を信じるならば間男に口説かれ自分も最初から惹かれるものが中にあって口説かれたから落ちたんじゃないかって感じてて
口説かれなければ行かなかったのかもという気もしてる
でも一線という関係に既婚でありながら入ってるし夫の思う見た目とは違い
やはり元嫁の女のスキルは高く「夫を騙せる」「しらをきり通せる」根性があり間男を繋ぎ止めるスキルもあったという事実
友人の言う「ぼーとした」は何も考えていないんじゃなくてただそう見えて「天然風」なだけで計算もちゃんと出来るので「天然の女はこの世にいない」
「天然の女」は女の中で「天然に見せることができるズル賢い女」という嫌われ者でもあり定番?でもありますw

お墓参りに行く時点で上記のような気持ちが本当だとしたら間男の転職の動きとかがあったからまぁ覚悟はあっただろうし信じがたいところなんだけど
最終決断をできない状態の元嫁に間男が決断したという関係から常に間男が関係を引っ張り元嫁が付いていくという形で
元嫁がそれを意図してそうしてるのか自然な形からかわからないけどそうしていたのなら女スキルは相当でしょうね
688といた時もその形だったのではと想像しますが
それと「元嫁は弱かった」は道徳観が低く間男に走ったという意味では「弱かった」のかもしれません
女としては強い根性のある腰の据わった女性で良い意味で逞しい母親になれるのではと思います
こうしてみると相反する行動と顔があってそれを上手くこなせる多面的な人だったということですね
人間誰でも多面○があるので自然なことかもしれないけど女としても器用な人であったと思います


788: 離婚さんいらっしゃい:2013/11/06 (水) 20:06:27.62

すみませんこれが最後です
しつこくてすみません

これは本当に余談で私事で書くのもどうかと思うのですがおまけですw
私が独身で社外に付き合っている人がいた時
たぶんそれを知らない他部署の年上社員の人が猛烈アプローチをして来て
実は私自身その人に惹かれるものがあって二人になる機会も一度しかないろくに会話もしてない状態
でも 相手の本気度が伝わってくる故に(たぶん相手は結婚を視野にいれていただろうし社内なので)
ここでどうするか決めなければいけないなと一人思い悩んでいた時に付きあっていた人の助手席に乗っていて
自分はいつも通り変わりなく(でも心の中で「この席にいるのも少しになるのかも?どうしよう」などと考えながらいて)
普段と同じ自分でいたつもりが相手から「どうしたの?なんかいつもと違うよおかしいよ」と声をかけられ
普段鈍感そうな相手のこの反応にビビってしまい動揺して心の中を見抜かれているようで「ひぇー」となったことがありますw

もう心の中動揺しまくりでこの人こんなに敏感だったの?なんてw
ただ大人しくというかいつもと変わりないんだけどなんで気づかれたのか偶然かわからないけどその位真情の負担は大きいんですよ

それを考えると出来る女性はホコリみたいにふっとやってのけるのでしょうけど独身でもこんな「ひぇー」なのに(小心者の自分だけかもしれないけど)
既婚という立場で一緒に暮らしながらの女性がそれも「一年も」やってのけていて体の関係もあってと考えると
「強い」「根性の据わった」「女そのもの」なんだと同じ女でも関心さえしてしまうんです

男の人も浮気しますけどよくわからないけど出来てしまう人はこんな心情に耐えられるある種の強さがあるのかもしれませんw
更に普通に世の中の独身女性は元彼と新彼の間を上手くやり過ごしながらどちらかを決めると言うことを同時進行で
元彼に気づかれずやっていますよね
大概新しい人に行ってると思うけど交際しつつ渡って行くので女スキルが高い人が普通にいるんですよね

私のように交際を始める前の段階で「悪いことしてる」「早くどうにかしなきゃ」と思ってしまう様な右往左往してすぐ結論だす人はたぶん稀で
普通の女性はちゃんと時間をとって吟味してこういうスキルが高いのが普通なんだと思います
もちろん社会的な契約を交わした既婚女性が同じことをしてはいけないので罪は深いけどスキルが高いと出来てしまうことなんだと思う


790: 離婚さんいらっしゃい:2013/11/06 (水) 21:18:37.73

>>786さんが身近にいたら恋愛相談したいわ。プロファイリング面白い。


792: 離婚さんいらっしゃい:2013/11/06 (水) 22:49:36.61

>>786
長文レスありがとうございます。>>790の言われるとおり、すごいプロファイリング。

>ばれてる!ばれてる!ばれた!コワイ!! 鋭いじゃないですか!沢山のレスからよく見抜きましたねすごいw
>切り口が特徴的だったので印象に残ってしまったんでしょうねw

文章から伝わって来る感じが同じだったので「もしかしたら」と感得。

>友人の言う「ぼーとした」は何も考えていないんじゃなくてただそう見えて「天然風」なだけで計算もちゃんと出来るので「天然の女はこの世にいない」
>「天然の女」は女の中で「天然に見せることができるズル賢い女」という嫌われ者でもあり定番?でもありますw

「天然」という表現があったか覚えていないけど、元嫁の友人の言葉のニュアンスはそれに近いのだと思う。

演技だったのだろうか。いま俺の身近にも「天然」な若い女の子が複数いるのだが、小言をかわすためのスキルの一つか。

「●●女子大出身は天然が多いですよ」とか言ってる後輩も、見事に術中に嵌っているということになるかな。

元嫁はテレビで映画とかを見るとき、ソファの上に正座して、湯飲みを両手でひざの上に持ったまま数十分身じろぎせず固まったままのことがよくあった。

いつものことだと分かってはいたけど心配になって「大丈夫?」と声を掛けると、急に意識が戻ったように喋り始めて、こちらがどうかなったような気持ちになったが、これは天然以前の問題か。

多面的なのか器用なのか俺には分からないけど、場所や相手によって切り替えられる、夢中になれる才能は人並みはずれてあったのだろうと思う。

>女としては強い根性のある腰の据わった女性で良い意味で逞しい母親になれるのではと思います

何となく分かる気がする。それ以上は、言えない。


794: 離婚さんいらっしゃい:2013/11/06 (水) 23:08:20.65

あと天然というのは普段からとにかくワガママがすごい
要領良くここで出して、ここで出さないというのはない
旦那さんと言うのはみんなクルクル振り回されて、ヘトヘトになりながらも
そのうちに慣れて行く感じ
「自分は何が何でも正しい」と思っているから天然になるのだろうと思う


795: 離婚さんいらっしゃい:2013/11/06 (水) 23:12:12.15

あとフトした一言が無意識にかなり辛辣なのも天然の特徴
要領の良さはないが、好き嫌いはかなり激しく、
嫌いなものは徹底的に逃げる特徴がある

デビィ夫人は完全ではないけど、ある意味天然みたいなものじゃないかと思う事がある


796: 離婚さんいらっしゃい:2013/11/06 (水) 23:30:19.05

「天然だね」と言われて、「私、天然じゃないよ!」と怒り出すのが本物の天然。
「私、天然なんですぅ~」とか言って、天然と言われて喜んでるのは計算している女。


798: 離婚さんいらっしゃい:2013/11/06 (水) 23:42:39.37

実際には怒らないで、天然のフリをしたようにするけど
男にも本当に天然で可愛いのが結構いるんだよね
悲惨だなと思いつつも、学生時代は良く友人とイジリまくったよ
それでも仲が良かったからイジラれて彼も幸せだったんだろうと思う


797: 離婚さんいらっしゃい:2013/11/06 (水) 23:38:05.96

計算女がいないと本当の天然も行き場がないんだよ
養殖も役に立ってるんだと思うよ


820: 離婚さんいらっしゃい:2013/11/14 (木) 21:40:38.40

運命の人ではなく運命にしたんやな


  【1/4】  2020/02/20 21:00 公開

  【2/4】  2020/02/20 21:30 公開

  【3/4】  2020/02/20 22:00 公開

  【4/4】  2020/02/20 22:30 公開



「スポンサーリンク」