スポンサーリンク

妻と待ち合わせすると男が一緒だった。男に、申し訳ないが奥さんと別れて欲しいと切り出された。

サレ夫
この記事は約4分で読めます。

193: 名無しさんといつまでも一緒 2014/12/22 (月) 12:49:21.30 ID:szGAYbd/j

スレ主の話題が止まっているようなので、書き込んで良いですか?
海外支店への転勤の内示をうけたら、妻の浮気が発覚したというよくある話しなんですが。
5年も前のことなんで独り語りになるかな。

194: 名無しさんといつまでも一緒 2014/12/22 (月) 14:58:24.64 ID:szGAYbd/j

193です。
今日は連休の合間、休みを取ったので少し書いてみる。
会社勤めしている既婚女性の3割は浮気経験者らしいが、妻もその1人だった。

登場人物は次の4人になる。(かなりフェイクあり)

僕:32才。製造系企業の技術者(国内需要が少ないので海外出張が多い)
妻:29才。大手商社系の営業
男:37才。ジェネコンの購買スタッフ(課長クラス)
弁護士:40過ぎの女性。(妻と男の代理人)

195: 名無しさんといつまでも一緒 2014/12/22 (月) 15:16:00.52 ID:szGAYbd/j

半年に及ぶ海外出張から帰ると、部長から今度は海外支店への転勤内示を受けた。
期間は3年を目途と言われた。
妻も一度はその国で生活してみたいと言っていたことを思い出しながら、喜んで内示を受けた。

1ヶ月後に赴任だ。今までは海外出張だったが今回は転勤だ。
海外の生活は楽しい。うきうきした気分だった。

その日の夜、妻に話をした。
飛び上がって喜ぶかと思ったら、自分も仕事もあるので一緒に行けるかどうか、
ちょっと待って欲しいという。

196: 名無しさんといつまでも一緒 2014/12/22 (月) 15:22:03.88 ID:szGAYbd/j

その翌日のこと。
仕事中に妻からメールがあり、マンション近くのレストランで待ち合わせすることになった。
行くと妻の他に会ったことのない男が一緒だった。

男は僕よりも少しばかり年上でしかも身なりが良く上品で落ち着きが感じられた。
優良企業に勤めている会社員のようだ。何事かと思った。
自己紹介された。優良企業はその通りだった。
妻が担当するお客さんに当たるという。

197: 名無しさんといつまでも一緒 2014/12/22 (月) 15:37:40.46 ID:szGAYbd/j

仕事上のトラブルかと思い、妻に向かって、どうした?と聞くと、男が割り込んできた。

非常に丁寧な口調で、今日は彼女に無理に頼み込んで同行させてもらったとまず言い、
申し訳ないが奥さんと別れて欲しいと切り出された。全責任は自分にあると。
男は続けて、半年ほど前からの付き合っている。
自分は37才独身でこれからの人生、彼女無しでは考えられない。

彼女とは仕事上の付き合いしかなかったが、半年ほど前、あまりにも寂しそうに見えたので、
既婚者と知りながら誘ってしまったと。
あなたが海外出張に出た頃でしたと言う。
そしてある時一線を越えたと。

ま、まさか。展開が速くて付いていけない。
本当か、と彼女に目を向けると俯いたまま、小さな声で本当ですと言い、両手で顔を覆った。
すぐ気がついたが、彼女は指輪をしていなかった。
僕は、思わず自分の左手の指輪を見てしまった。

198: 名無しさんといつまでも一緒 2014/12/22 (月) 15:42:44.29 ID:szGAYbd/j

妻とは、駅の近くのテニスクラブで知り合った。
たまたまダブルスのペアとして組んだのが始まりだった。
2人とも学生時代は体育会系クラ
に所属していたので、最強のコンビだった。

彼女は一般的な美人とは言えないが、頬が少し出た個性的な美人と言える。
日焼けし健康で若さに溢れていた。
お互いが引き合ってることは分かるし、半年後に結婚を申し込んだ。
以来、5年を経過した。

僕の友人たちは、お前にはもったいない、と羨ましがった妻だ。
子供はまだいない。

スポンサーリンク
199: 名無しさんといつまでも一緒 2014/12/22 (月) 16:39:25.73 ID:szGAYbd/j

男から別れて欲しいと言われた時、僕は本当かどうか、まだ半信半疑だったと思う。
妻と2人だけで話したいから、男に帰って欲しいと言うと、妻に向かって外で待ってるという。

僕は、多分、男女問題には鈍いのだが、この時初めてようやく2人の話しに追いついた。
いや、僕が妻を連れて帰るから待つ必要はないと。
男は困った様子で妻のほうを見た。
妻は男と目で会話している。

あなたは妻と別れて欲しいという。
僕はとても話に着いて行けないし、このまま信じられると思いますか?
何があったのか、妻と2人で話するしかないでしょう?
その通りだけど・・・奥さんがどう思うか?(実際は彼女の名前を言った)

僕が妻を連れて帰っては悪いのですか?僕が暴/力でも振るうとでも?
いや、そうは思わないが・・・
それじゃ、あなたが連れて帰るつもり?
そこで妻が、今日は姉の家に行きますと口を挟んだ。小さい声だった。

多分、初めからストーリーは出来ていたことに気づき、これ以上話を続ける気力を失った。
僕は妻に向かって、今の僕は、多分、冷静に会話が出来ない。
今日はこれ以上の話し合いは難しいと思う。別の日に話をしたいと言い、立ち上がった。
自分でも冷静さを保っているのが不思議なくらいだった。
実際は動転していたのに。

サレ夫
スポンサーリンク
Rakuten
Amazon
2ch浮気速報をフォローする
おすすめ記事
2ch浮気速報

コメント

  1. 名無し@2ch浮気速報 より:

    間男のかっこつけぶりと、嫁のラリはなおってない。

  2. 名無し@2ch浮気速報 より:

    何を酔ってんねん。。。
    きも…

  3. 名無し@2ch浮気速報 より:

    海外赴任中に日本では間が浮気したとか、DVでもあったのでは?
    同棲して間の本性を垣間見たところで妻は心に迷いが生じたとも想像できる。
    37歳毒で既婚者に手を出すような出すような輩に前科がないのは不自然でバツも付いていると思う。
    真実は、知らぬが仏。

  4. 名無し@2ch浮気速報 より:

    あほくさ
    汚い女とキモイ男ww 醜い

  5. 名無し@2ch浮気速報 より:

    少なくとも間男に慰謝料請求はするべきだろ。
    たとえ、やり直すにしてもそのけじめは必要だと思うわ。

  6. 名無し@2ch浮気速報 より:

    超ツマンネ

  7. 名無し@2ch浮気速報 より:

    胸糞悪いだけ
    しかし作家もよく考えたな
    腹の立たせ方をよく心得ている!

  8. 名無し@2ch浮気速報 より:

    復讐心が結んだ結果だな。
    良いか悪いかは当事者の今後によって示される。
    まぁ、そういう復讐もアリかな?
    オレには理解できないけど。

  9. 名無し@2ch浮気速報 より:

    無理やりな小説調文書がさいこーに気持ち悪いわ

  10. 名無し@2ch浮気速報 より:

    まぁ、よく考えられた小説(SS)でした。
    それなりに楽しく読んだよ。
    元々2chの不倫話の投稿って、2~3の事実を8~10にフカして書いてるからね。

  11. 名無し@2ch浮気速報 より:

    まあ、お前らの部屋の中だけの世界からしたら、「嘘」になるんだろうな。
    さっさと部屋から出てハロワ行けよ

  12. 名無し@2ch浮気速報 より:

    女からしたら、そーとー気持ち悪い女と間男です。
    こういう適当にどんな男でもつまみ食いする女のせいで、他の女性が悪く言われるのは不本意だ。

  13. 名無し@2ch浮気速報 より:

    唯ひたすら全員がキモい
    便器に汚物(間男)に報告者
    キモすぎる

  14. 名無し@2ch浮気速報 より:

    キモっ!、サブイボたったわ。

  15. 名無し@2ch浮気速報 より:

    美談ではないな 

  16. 名無し@2ch浮気速報 より:

    全員が自分に酔っているだけの稚拙な小説。
    ただただ、気持ち悪い。そして長い。

  17. 名無し@2ch浮気速報 より:

    これ「海外赴任から一時帰国したら空港で嫁と間男が待ってた」ってスタートで読んだ気がするんだが…。
    弁護士とのやりとりや、元鞘に戻るとか、全く同じだった。
    冒頭だけ変えて焼き直し?

  18. 名無し@2ch浮気速報 より:

    相手弁護士入れてんのに報告者は入れんかったの?w、下らん三文小説やね、30点。

  19. 名無し@2ch浮気速報 より:

    作者は多分
    村上春樹の「国境の南」か「ねじまき鳥クロニクル」に啓発されたな(笑)

  20. 名無し@2ch浮気速報 より:

    キモい奴しかいない話かよ

  21. 名無し@2ch浮気速報 より:

    全員中二病。
    弁護士も含めて気持ち悪い

  22. 名無し@2ch浮気速報 より:

    寝取られた後、内面をグチャグチャ書き込んで再構築、のパターンが好きな作家の作品の一つ。バカみたいにおなじパターンで書くんだよ。

  23. 名無し@2ch浮気速報 より:

    ジェネコンってゼネコンの事?

タイトルとURLをコピーしました