2015/09/12
2017/12/07 【投稿者を着色し再掲載】


dokuo

684:離婚さんいらっしゃい:2015/08/18 (火) 07:02:58.58

【自分の年齢・性別】 30後半
【相手の年齢】 30後半
【結婚年数】 10年
【子供の有無】 1人(未就学)
【相談内容】夫がの職場で不倫していました。
メールで発覚、その後探偵からもホテ○に入る写真が数回上がってます。
最初はやり直す方向で考え夫に告げましたが、私が悪いと繰り返すばかりで、こちらも離婚の方向に傾いています。
現在子供を連れて別居中です。




「スポンサーリンク」




昨日離婚を切り出したら、急に夫は女と別れる、やり直したいと言い始めました。
子供のためには父母揃っている方がいいのでしょうが、不倫メールの内容の酷さや発覚後に理不尽に責められたことで病んでしまったようで、家に戻りたくありません。
夫が別れたと言っても、職場では会うわけで信用できるものが何もありません。

私は正社員で働いており、実家親も健在なので離婚しても生活はできます。
自分の夫に対する嫌悪感と、子供から父親を奪うことことを天秤にかけて悩んでいます。
今回は離婚せず我慢するべきでしょうか。



685:離婚さんいらっしゃい:2015/08/18 (火) 08:09:12.86

夫の反省が不十分にみえるから、アンタがそれを思い出して
一緒にいることが苦痛でしかないなら別れたほうがいいと思うけど。
逆ギレするようでは、またやる可能性はあるからね。
再構築の前提はシタの猛省。夫親も交えて話合うべきだろうな。

不倫にいたった心当たりはないのかな。


686:684:2015/08/18 (火) 08:53:18.16


>>685
心当たりは特にありません。
子育てと仕事で毎日忙しく、夫も激務のため、ほとんど会わない生活でした。
夫曰く、それが嫌だったと言いますが、子供が小さいうちは、共働きならどこもそんなものではないかという気がします。

夫は反省したと言い、夫の両親交えて話をする約束もしました。
猛省と言えるほど後悔しているのか、今は様子を見るしかないですね。




688:離婚さんいらっしゃい:2015/08/18 (火) 09:34:31.97

家事の分担とか夫婦の会話はどうだったのかな
忙しいからしょうがないってのと、忙しいながらも夫婦でコミュニケーションをとろうと努力するのじゃ意味が違うし
だからといって、不倫していい理由にはならんが


689:684:2015/08/18 (火) 09:43:22.91


夫婦で会話がないという認識はありませんでした。
レスが続いていましたが、仲が悪いと思ったことはありません。
レスについては何度か解消しようとお願いしましたが、向こうが疲れたとか眠いとかで拒んでいました。

家事は育児は夫が激務を主張したため、すべて私が負担していました。




690:離婚さんいらっしゃい:2015/08/18 (火) 12:28:12.25

旦那さん、離婚すると言ったら不倫相手に逃げられたのかもね
決められないならしばらく別居して様子を見ては
多分、旦那さんは下手こいちゃったくらいにしか思ってなくて本当に反省しているわけじゃないと思う
なのでこのままあなたが許して家に戻ったら確実にまたやる
離婚はいつでもできるし
あ、不倫相手にはがっつり慰謝料請求したってw
こっちの離婚問題はそれとは別だしね


692:684:2015/08/18 (火) 13:46:25.73


>>690
離婚はいつでもできると、開き直って様子を見てみます。
離婚する際には相手と夫に慰謝料請求しますが、
現在はやり直す方向なので請求していません。
してもいいのですが、離婚一直線かなと思います。




691:離婚さんいらっしゃい:2015/08/18 (火) 13:03:56.32

別れるほうがいい、気持ちが離れたら戻らないよ


692:684:2015/08/18 (火) 13:46:25.73


>>691
気持ちというのは、夫の気持ちでしょうか。
なかなか離婚!って割り切れなくて辛いです。




695:離婚さんいらっしゃい:2015/08/18 (火) 16:16:59.19

しばらく別居がいいかもね
子供には定期的にちゃんと会わせてあげた方がいいと思うよ
この場合旦那が再構築を真剣に望まないと難しいと思うし
旦那が拒否のレスならソコも解決しないと又やるだろうしね


700:684:2015/08/19 (水) 04:17:42.95


>>695
夫の反省の様子を見てまた別居継続します。
レスの解消は、まだまだ時間がかかりそうですね。
不倫相手とのメール内容が強烈すぎて、まだ考えられないです。

アドバイスありがとうございました。







「スポンサーリンク」