2017/11/18
2019/12/07 再掲載



org

225: 名無しさんといつまでも一緒: 2011/03/11 13:55

うちの旦那。私が愛/人に電話したことを知った途端、キレて家出。

愛/人宅に行ってしまいました。私は鬼嫁で家事を手抜きし、育児もいい加減、寄生女と悪口言いまくっていたようで、
愛/人は「彼は私と一緒のほうがシアワセ」とか何とか言って、旦那も旦那で開き直り
愛/人宅に入り浸ったまま。慰謝料は一括して払うから、二度と顔も見たくないとまで言われました。
こんなことになるなんて思っても見なかった。





「スポンサーリンク」







ショックでしたが、ここを読んで、これでよかったのかもしれないと思えるようになりました。
ちなみに私は家事に手を抜いたことないし、家のローンだってパートに出て一緒に返済していました。
それでも愛/人のほうが男の人にとっては心地いいんでしょうね。




232: 名無しさんといつまでも一緒: 2011/03/11 17:10

>>225
そうゆー旦那が多いんだろうね
奥さん一生懸命やっているのに・・
お前の給料が冴えないからパートに出て支えているわけでパートに出ているのだから専業の頃よりは手抜き気味にもなるだろう
225は手を抜いていないようだけど身勝手だね
そんな男捨ててしまえいいじゃん、慰謝料くれるって言うんだし、一緒に返済していた家を売却してあなたが払った分は貰えば


235: 名無しさんといつまでも一緒: 2011/03/11 19:52

漏れは鬼プリンでつが、正直、>>225さんに同情してしまう。
ってか、>>225さんの旦那をナ.グ.ってやりたい。


236: 名無しさんといつまでも一緒: 2011/03/11 20:45

>>235
ハゲドウ。
奥さんに対して失礼だよ。
家族のためにがんばっているのに・・・悲すぃ~。


237: 名無しさんといつまでも一緒: 2011/03/11 21:49

225です。旦那は今夜も愛/人宅です。
きっと幸せ気分で、邪魔な妻も厄介払いできて良かったって、楽しく過ごしているんでしょう。
女房というのは退屈な人間でしかなくて、若くてカワイイ、嬉しいことばかり言ってくれる愛/人は女神のような存在なんでしょう。

旦那にとって私は慰謝料払えばお払い箱女です。
でも考えると、不思議です。
人生の一番大変なときを一緒に過ごした人間は、大切ではないんですね。
気持ちが落ち着いて、いろんな意味で余裕が出来たときに突然現れた相手の方が愛おしいなんて。

今更すがったりするつもりはありませんが、人の気持ちの不確かさを思い知った気がしました。
別に愛/人を責めるつもりもありません。
選択したのは旦那ですから。きっと彼女は素晴らしい人なんだと。
そう思わないことには諦めがつきません。

だからって旦那にメソメソするつもりはありません。自立ってことを考えるようになりました。
今まで親とか旦那に依存してきた報いを受けたと思って、一から頑張ってみるつもりです。
ここにカキコしている人に励まされました。


239: 名無しさんといつまでも一緒: 2011/03/11 21:51

225マジがんがれ!


240: 名無しさんといつまでも一緒: 2011/03/11 23:40

225 あんたえらいよ!
旦那とあんたが釣り合わなくなったから別れがきたんだ。
人間同じレベル同士付き合うもんだ。>プリンと旦那が同レベル
225は幸せになって!


241: 名無しさんといつまでも一緒: 2011/03/11 23:46

>>237
一括して慰謝料払うって言ってるんですね。
なら、目一杯取ってやんなさい。もちろん相手の女性にも慰謝料請求なさい。
子供さんがいるのなら養育費も。
お金で心の痛みは拭えないでしょうが、邪魔になるものではありません。
大人としての責任を取ってもらうのは、旦那さんの為にもなるでしょう。
くれぐれも変な意地を張って慰謝料辞退などなさらぬように。


242: 名無しさんといつまでも一緒: 2011/03/11 23:51

愛/人宅に電話なんて・・・なんでそんな頭悪いことしたの?
もっと頭使わないと!!


243: 名無しさんといつまでも一緒: 2011/03/11 23:53

225さんにはがんばってもらいたいんだけど、
でも、ちょっと男心分かってない気がする・・・。


245: 名無しさんといつまでも一緒: 2011/03/11 23:58

>>243
分かってても分かってなくても
結果は同じだったと思うけどね。


244: 名無しさんといつまでも一緒: 2011/03/11 23:57

225さん。今は辛いでしょうが、あなたがきっぱりと決断されたのはとても立派だと思います。
お子さんたちも、きっとそんなお母さんの姿を見てますよ。
前を向いて頑張ってください。

あなたのその頑張りが報われる時が、きっと来るから。





「スポンサーリンク」