org

1: 名も無き被検体774号+ 2012/12/20 (木) 17:22:35.95 ID:jvF2eWXn0

汚いババアと付き合ってて萎えた。

2: 1 2012/12/20 (木) 17:25:52.71 ID:jvF2eWXn0

スペック


50代半ば
料理人、ボウリョク野郎


天然


20代後半

父が新しい車を買ってから
人生のフィーバーらしく、朝まで遊ぶようになった。
父にはいつも金魚のフンみたいについてくる男がいて
そいつが行きつけの飲み屋に父を誘って父がハマる。
そこのママと出来てた。



「スポンサーリンク」






3: 1 2012/12/20 (木) 17:28:57.65 ID:jvF2eWXn0

ちなみに母はかなり綺麗。
近所でも綺麗で有名。
天然だけど、品がある。物腰も柔らかい。
うちの実家は料理屋なんだけど
女将として長年父を支えてた。

が、そんな品が良くて大人しい母に飽きたのか
正反対のケバケバしい飲み屋のママに
熱をあげるようになった。

仕事をちゃんとしてたけど
仕込みや営業が終わると、自慢の新車で
飲み屋のママや、店の女の子を乗せて
温泉やらパ チ ン コやらご飯を食べに連れていくようになった。

そして、元々ボウリョク野郎なのに
母にまたボウリョクを奮うようになった。

4: 1 2012/12/20 (木) 17:31:38.47 ID:jvF2eWXn0

飲み屋のママや女の子達も
これまたバカで、父の車に乗るたびに
車を汚していく。
タ.バ.コ.の吸い殻とか、空き缶とかね。
それを母が毎日片付けてた。
涙流しながら。

もう離婚しなよ?と母に言っても
父が可哀想、今は遊んでるだけだから。
と言って離婚はしない。
そんな母にもイライラしたが
一番の原因は父。

私も様子を伺ってたけど
あまりの節度の無さに、ある日突然切れた。


5: 1 2012/12/20 (木) 17:35:00.69 ID:jvF2eWXn0

まず、その日。
飲み屋の営業前に、飲み屋の女の子二人と
父の腰巾着が、うちのお店にご飯を食べにきた。
母は黙って耐えていた。

ちなみに私は、この時まで店の女の子や
ママの顔は見ていない。

しかし、うちの父は今でこそ親父だが
昔の写真は凄くかっこよくて
スタイルもいい。
基本、金払いも良いし、昔よく遊んだ感があるので
安いスナ○クなんかには絶対にいかないと思ってた。
昔から、少し高級感があるクラ○に行く方だったので
女の子やママのレベルも高いと思ってた。

6: 1 2012/12/20 (木) 17:38:52.58 ID:jvF2eWXn0


ところが、その日店に来た女の子二人は
二十歳そこそこの
若いだけで子狸みたいな子だった。

汚いギャルメイクに、プリンの金髪。
しまむらで買ったようなペラペラの服。

うちのお店は個人経営で地元では高級料理屋として知られている。
多分、二十歳そこそこの子では
食べられないような高級な物を置いてる。

二人の女の子は、店構えにびびって
ずっと無言。

私が注文を取りに行って
わざとらしくニコニコ笑って話しかけても
ボソボソ喋るだけ。

別に私も、綺麗とか頭良いとか、そういうのじゎないけど
女の子二人のあまりの不釣り合わなさに
怒り通り越して爆笑しそうだった。


7: 名も無き被検体774号+ 2012/12/20 (木) 17:42:45.56 ID:/XfQZLuT0

よんでるよ

8: 1 2012/12/20 (木) 17:43:48.22 ID:jvF2eWXn0


女の子達はずっと無言でご飯を食べてた。
見ると箸の使い方が二人ともおかしかった。
クチャラーだし。

腰巾着は趣味の悪い洋服着て
ベラベラと父の機嫌をとってる。

私は寂しくなったよ。
こんなに頑張って仕事してもさ
箸もロクに使えない子が客なのかと。
こんな底辺の子と、父が毎日遊んでるのかと。

そんでもう、限界来て言っちゃったよ。

「私、お父さんってさ~もっと女の趣味良いのかと思ってたよ~。
なんかガッカリだわ~。
私はお父さんが自慢だったんだけど
こんな人達と毎日一緒にいるんじゃ
なんだかお父さんもそういう人間なんだねw」


9: 1 2012/12/20 (木) 17:46:45.73 ID:jvF2eWXn0

>>7
ありがとう。
書いてて私もかなりのクズ底辺だと思ったけど、すみませんね。

ついつい本音がこぼれてしまって
でも何かもうどうでもいいやーと思って
笑いながら言ってしまった。

父の腰巾着は
「私ちゃ~んwそりゃないよw」
って笑ってたけど
女の子二人は下向いて黙ってしまった。

んだ父のフォロー。

「バカ野郎!
こいつら二人はな、若いけど気使うし
けっこういい奴なんだぞ!!」

ちゃんちゃらおかしいわ。


10: 名も無き被検体774号+ 2012/12/20 (木) 17:49:43.84 ID:2ulwibBF0

品のない女って救いようがないよな。男もだが

11: 1 2012/12/20 (木) 17:50:15.93 ID:jvF2eWXn0


「気を使う~?
気使うやつが、人にご飯食べに連れていって貰って
箸の持ち方も直さないの?
口閉めて物も噛めないわけ?
あのさ、悪いけどね、飲み屋の女の子なんだから
お客さんに優しくするのは当然でしょ?
昔遊んでたとか言うわりに
そんなこともわかんないのお父さん?
大体さ、飲み屋の女の子でもプロならさ
どこに連れていかれても、相手に恥をかかせないように
一般的な教養とかマナーって大事なんじゃない?
若いからって関係ないでしょ。
そんな努力もしない人間に金使うなんて
お父さんってつまんない人間なんだね。」


12: 1 2012/12/20 (木) 17:53:43.33 ID:jvF2eWXn0

>>10
本当にそうだね。


「....。」
腰巾着
「....。」
女の子
「....。」


「はぁーもうともかくさ
私も別に出来た女じゃないけど
うちのお父さんと遊ぶなら
もっとちゃんとしてくれない?
ダラダラ仕事して、金払って貰えるなんて思ってたら
大間違いなんだからさ?
じゃ、頑張れ。」

とそれだけ言い残してカウンターから立ち去った私。

厨房に戻ったら、こっそり会話を聞いてた母に
全力でハグされた。


14: 1 2012/12/20 (木) 17:58:18.43 ID:jvF2eWXn0

なんだかんだ言ってそこから話は広がらず
腰巾着達は帰っていった。
父は無言で包丁を研いでいた。
母だけがウキウキしていた。

んで、その日の夜、店の営業が終わった。
父はいつも通り、飲み屋に行った。
けど、何だかとてもソワソワしていた。

私は母に、飲み屋の場所を聞くと
自分の持ってる洋服の中でも
一番綺麗な黒のワンピースを出して着た。
そして、久しぶりに髪の毛を夜会巻きにした。
ハイヒール履いて、バッグ持って
携帯電話を取り出してお客さんに電話。


15: 1 2012/12/20 (木) 18:00:06.32 ID:jvF2eWXn0

電話の相手は、普段から親しくしてる
某会社の社長さん。
ちょっとデートしませんかと言うことで
呼び出させて貰った。
社長の奥さんとも仲良しなので
三人で集まった。

久々にフル装備して、私は心が燃えた。


17: 名も無き被検体774号+ 2012/12/20 (木) 18:02:05.16 ID:bUHB02Uf0

>>1カッコイイ



18: 1 2012/12/20 (木) 18:03:04.35 ID:jvF2eWXn0


社長&奥さんと合流して、事の経緯を話す。

そして三人で、例の飲み屋へ。
飲み屋の前に立つと、中から父の声が聞こえた。
思いきって扉を開けた。

「いらっしゃいませぇー!」
と、カウンターから声を出したのが飲み屋のママだった。
鶏ガラみたいなババアだった。
店内のお客さんも、女の子も
もちろん父も、一斉にこちらを見た。


「えっ?」


19: 1 2012/12/20 (木) 18:08:18.32 ID:jvF2eWXn0


「あら、お父さん。
お父さんの行きつけのお店ってやっぱりココだったのね?
ご一緒するから。」

と言って、社長夫妻を紹介した。
社長夫妻は地元で名の知れた企業の方。
父はともかく、店のお客さん
腰巾着はびびってた。

私はママに挨拶した。

「いつも父がお世話になってます。
今夜は、父の楽しむ姿を拝見しようと
お世話になっている社長夫妻もお招きしました。
よろしくお願いします。」

微笑みながら会釈した。
ママは、私が父の娘だと知ると血相を変えた。
「あ、あ、いえ、こちらこそ...。
さ、あの、座って座って!!」

私たちは一番奥の広いテーブルに座った。

「お父さんと、腰巾着さん。
あと、今日お店に来てくれた女の子もどうぞ。」
と言って、四人を招いた。

社長
「いつも私さんにお世話になっています。
今日は私が払うので、皆で楽しみましょう!」

と、社長も協力してくれた。


20: 名も無き被検体774号+ 2012/12/20 (木) 18:10:16.55 ID:wiedZRXA0

全力で支援

22: 1 2012/12/20 (木) 18:12:26.05 ID:jvF2eWXn0

なんとも微妙な空気が流れた。
女の子二人はずっと無言。
父も無言でウィスキーを飲む。
腰巾着は何とか盛り上げようと、カラオケを歌い始めた。
途中からママも席についたが
一向に話は盛り上がらない。

ママ
「む、娘さん、綺麗ね~。
髪型もキチンとしてるし、そのドレスも綺麗だわ~。」


「こういう仕事をしているなら当然ですけどね。」

ママ
「....。」

女の子
「....。」

そして、おサケも少し進んだ所で
何の気なしに切り出した。


23: 名も無き被検体774号+ 2012/12/20 (木) 18:17:59.75 ID:0eHob4Ov0

>>1かっこいいなwww

と思ったが
逆に敵に回すとポッコボコにされそうで怖いわwww

24: 1 2012/12/20 (木) 18:18:40.53 ID:jvF2eWXn0


「ところで、ママさん。
父とはどういったお付き合いなんですか?」

社長
「おお!私もそれが聞きたいなぁ!
いやなに、私さんのお母様はお綺麗だからね
そのお母様がいるのに、お父様が最近様子がおかしいと
私さんから相談を受けましてね。」

ママ
「お付き合いなんて...。
お父様とは飲み仲間で、いつも車に乗せてもらったりしてるだけで、ねぇ?」


「お、おう。」


「そうですか。
いえ、私はもう成人してますので
父がどうなろうと本当はどうでも良いのです。
母と別れて貴女と再婚しようがどうでも良いのです。
ただですね、いくらお友だちと言えど
毎日朝まで父を引き留めておくのは
少し無礼じゃありませんか?
お友だちならば、父の車を汚しても構わないんでしょうか?
節度が無さすぎるのではないでしょうか?」

ママ
「....。」

腰巾着
「ヤーヤヤヤヤーヤーティヤ!!」


「....。」

25: 名も無き被検体774号+ 2012/12/20 (木) 18:20:15.51 ID:733ykHnL0

腰巾着wwww

27: 名も無き被検体774号+ 2012/12/20 (木) 18:21:51.63 ID:1iEij6wD0

仮面舞踏会wwww

28: 名も無き被検体774号+ 2012/12/20 (木) 18:24:45.33 ID:vGPw3Jb6O

なにこれおもろwww

29: 名も無き被検体774号+ 2012/12/20 (木) 18:25:44.85 ID:uSXRfQF90

>>1はよくできた娘さんだな

30: 1 2012/12/20 (木) 18:25:53.72 ID:jvF2eWXn0


「私も子供ではないので、隠さなくてもわかります。
この際、貴方達の事はどうでもよいです。
しかし、このままでは気が済まないので
もしこのまま父と交際を続けるならば
幾つか貴方はやらなければならない事がありますよね?

まず、慰謝料です。
私の母に対するです。
父にも払ってもらいます。
母は30年以上、実家の料理店を
女将として支えてきました。
今さらどこかで就職するのは困難です。
なので、二人には母がタヒぬまで困らないだけの金額を要求します。

もう一つは、父と再婚するなら
この飲み屋を辞めて、父の料理店の女将になることです。
もちろん、中途半端は許しません。
うちのお店の評判はご存じですよね?
チェーンの居シ酉屋とは違うんです。
もし貴方が女将になって、お店が傾くような事があれば
それは貴方のせいです。
お店を守る覚悟がないのなら、キッパリ諦めて下さい。

それが出来ないのなら、あのお店の名義は母なので
貴女と父に店を売りましょう。
うちはお店と家が繋がっています。
庭も駐車場もあります。
立地は一等地です。
少々高いでしょうが、父と再婚するならば当然の買い物ですよね?」

31: 名も無き被検体774号+ 2012/12/20 (木) 18:26:28.69 ID:2ulwibBF0

腰巾着は間違いなくいいやつ

33: 1 2012/12/20 (木) 18:31:34.08 ID:jvF2eWXn0


「お、おい、そろそろ辞めろよ...。」


「お父さん。男らしくないよ!
私はね、お父さんの事大好きなんだよ。
ボウリョクも奮うし、喧嘩っぱやいけど
でもお父さんは今まで間違ったことは
絶対にしなかった。
仕事一筋で、夜遅く寝て、朝は誰よりも早く起きて
仕事をしていたじゃない!
不器用だけど、そんなお父さんが大好きだったのに!

でも、人間だから、心変わりもするよ。
お父さんがこの人だと思うなら
この人と再婚すればいい。
けど、あのお店を辞めたら、お客さん達はどうなるの?
毎年、全国からわざわざ食べに来てくれる常連さんはどうなるの?
お母さんだけじゃなくて、お父さんの料理を楽しみにしてる
皆を裏切るつもり?

遊ぶなとは言わない、サケも飲んでも構わない。

でもさ、だったら一つ一つにケジメをつけてよ?
そうやって生きろって私に言ったのは
お父さんでしょ!?」

34: 名も無き被検体774号+ 2012/12/20 (木) 18:31:44.75 ID:b074c4UNO

離婚出来ずに我慢するしかなかった母親はかなりスッキリしただろうし、よくやったとはおもうんだけどさ

なんというか言葉の節々から>>1の性格の悪さが読み取れるんだけど

35: 名も無き被検体774号+ 2012/12/20 (木) 18:33:59.05 ID:yΛVZZodq0

いや、筋が一本通ってるじゃないか

37: 1 2012/12/20 (木) 18:34:21.90 ID:jvF2eWXn0

そこまで言って
私は父のグラスに入ったウィスキーを
一気のみした。

父をキッと睨むと、一言
「すまなかった。」と言った。

その後、腰巾着は○っぱらってトイレから出てこなくなり
中から鍵をかけていたので
皆で救出したりした。

ママも女の子達も、黙ってた。
後から来たお客さんたちで店内も賑わい
私は社長夫妻と、久々に朝方まで飲んだ。

父は途中、一人で帰っていった。


38: 名も無き被検体774号+ 2012/12/20 (木) 18:34:31.78 ID:uSXRfQF90

こんな仕打ち実の母親がされてりゃそんくらい言いたくなるわ

39: 名も無き被検体774号+ 2012/12/20 (木) 18:35:01.13 ID:6b43C0eo0

最初から作戦立ててやったの?
わたしも気が強いほうだけどちゃんと言えちゃうとことか粛々と追い詰めてくとことかすごいなーって思う

40: 1 2012/12/20 (木) 18:36:56.13 ID:jvF2eWXn0

私は帰り際、社長夫妻に深々とお礼をして
帰宅した。

帰宅すると、厨房の明かりがついていた。
午前4時。

換気せんから、カツオ出汁の香りがした。
厨房の扉を開けると、父が一人で仕込みをしていた。


「手伝うよ。」


「おう。」

眠かったけど、急いで着替えて
父と魚の鱗を落としたり、カウンターを磨いたりした。


41: 1 2012/12/20 (木) 18:40:14.93 ID:jvF2eWXn0

その日から、父は飲みにいかなくなった。
正確には、飲み屋のママとの付き合いを辞めた。
夜はキチンと寝て、朝早く起きて仕事をする
昔の父に戻った。
母はもう、飛んで喜び私に何度もお礼を言った。

すると、今まで別々に寝ていた父と母が
大きなベッド買って
二人でまた寝るようになったw

あれから三年、私も今は結婚して
たまに実家に帰って三人でやいのやいの言いながら
実家で仕事をしています。



ちなみに、腰巾着は失踪しましたw
うちよ店に20万つけを残したままでw


42: 名も無き被検体774号+ 2012/12/20 (木) 18:41:12.09 ID:uSXRfQF90

ブラボー!

44: 名も無き被検体774号+ 2012/12/20 (木) 18:43:10.75 ID:BfKOaGBt0

めっちゃ気持ち良い話だった!
>>1おつ!
かっこよかったよ有難うww

45: 名も無き被検体774号+ 2012/12/20 (木) 18:43:15.85 ID:b074c4UNO

飲み屋の女の子達を蔑む必要性はなくないか?
ただ底辺の飲み屋女を貶したい様にしか感じれなかったけど

それ以外は正しい事をしてると思うけどね

47: 1 2012/12/20 (木) 18:43:58.15 ID:jvF2eWXn0

>>34
うん。
私は性格良くないよ。
良くないなりに、最後になるなら徹底的に相手を追い詰めたかった。

>>39
いや、アドリブですよ。
普段はバカなんだすけど、追い詰められると発動してしまうんです。

48: 1 2012/12/20 (木) 18:45:36.80 ID:jvF2eWXn0

>>45
クラ○で働いてた事があるから
飲み屋の女の子の振る舞いが我慢出来なかった。

49: 名も無き被検体774号+ 2012/12/20 (木) 18:46:06.22 ID:yΛVZZodq0

>>45
怒りのきっかけで、出汁に使われた感は有るな

50: 1 2012/12/20 (木) 18:47:46.01 ID:jvF2eWXn0

>>49
なんだろうな、出汁に使った感じもあるけど
お店に来ても挨拶もなかったし
私の感覚ではそれがあり得なかった。

51: 名も無き被検体774号+ 2012/12/20 (木) 18:49:10.67 ID:b074c4UNO

あ、>>1もクラ○で働いてた事があるのか
なら納得出来るわ

52: 名も無き被検体774号+ 2012/12/20 (木) 18:49:24.17 ID:vGPw3Jb6O

父ちゃんはなんでそんな女に引っ掛かったんだろね

勝手に想像するに、毎日お懐石を食していたがある日食ってみたカップラーメンが思いの外美味かった
みたいな感じかと思ったが

53: 名も無き被検体774号+ 2012/12/20 (木) 18:50:35.93 ID:yΛVZZodq0

夜の世界じゃ挨拶が大事だもんな

54: 1 2012/12/20 (木) 18:55:17.99 ID:jvF2eWXn0

>>51
うん。
飲み屋で働いてるから、底辺とは思わないよ。
働くなら働くなりに、もっとちゃんとして欲しいと思った。

>>52
それはあるかもね。
私の母は本当に天然で、お嬢様育ちだから
真逆のタイプと知り合って、父も楽しかったのかもしれない。
でも、それならお友だちで付き合えばいいのに
家族も仕事も全部投げようとするのは頂けなかったかな。

>>53
そうだね。
たった一言
「お父さんにいつもお世話になってます。」
って言ってくれれば少しは違ったかな。
私が働いてた時は、とにかくお客さんの周りの事も意識してたから
最低限の事も出来なくて、座っておサケ飲んでれば稼げるような仕事はあり得ない気持ちだったな。
私もかなり言い過ぎだけどね。

55: 1 2012/12/20 (木) 18:58:42.36 ID:jvF2eWXn0

支援してくれた皆さん有り難う。

腰巾着は今だ失踪中で、お金は返ってこないけど
父は別にいいのに。と言ってる。

うちには跡継ぎがいなくて
父一人の一代のみでお店は畳むけど
畳むまでの何年間の間
不況に負けずに頑張って営業して欲しいなと思う。

56: 名も無き被検体774号+ 2012/12/20 (木) 19:01:09.14 ID:buJZwb9k0

弟子とらないのねー

スカッとした
お母さんはいい娘をもったな
おつおつ

58: 1 2012/12/20 (木) 19:04:02.96 ID:jvF2eWXn0

>>56
弟子は今まで三人ほどとったよ。
けど、皆半年位で仕事が辛すぎて辞めていった。
うちの父は頑固一徹だから、仕事を人に教える能力がないのかな?
だから一代で終わりです。

59: 名も無き被検体774号+ 2012/12/20 (木) 19:15:24.91 ID:1wZYU3DZ0

御店におじゃまできないのが残念

60: 名も無き被検体774号+ 2012/12/20 (木) 19:18:43.25 ID:lVPIQNxV0

かっこいいな

61: 名も無き被検体774号+ 2012/12/20 (木) 19:25:30.64 ID:PUn1OpCM0

>>1の家族の幸せが続きますように(^O^)/

62: 名も無き被検体774号+ 2012/12/20 (木) 19:40:11.41 ID:+CUFHmEq0

>>1に惚れたからつきあってもらおうとおもってたらもう結婚してたでござる





「スポンサーリンク」